企業情報

ニュースリリース一覧

大和ハウス工業トップ

企業情報


報道関係各位

平成16年12月27日

『CPマーク部品(※1)』を採用した
業界最高クラスの『防犯配慮仕様』を標準装備


『 アイ-ウィッシュ トレビュー'05 』発売


 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:村上健治)は、平成17年1月2日より、当社における自由設計2階建戸建住宅の主力商品『 アイ-ウィッシュ トレビュー』の2005年バージョンとなる『 アイ-ウィッシュ トレビュー'05』を発売します。

 『 アイ-ウィッシュ トレビュー』は、2002年(平成14年)7月の発売以来18,700棟余りを受注、現在も月間受注平均700棟を超える業界屈指の大ヒット商品となっています。
 『 アイ-ウィッシュ トレビュー』の基本コンセプトは、レベルの高い基本性能に支えられた「住み心地の良さ」、お客様の様々な嗜好に対応できる「バリエーション豊富なアイテム」、敷地やライフスタイルにジャストフィットする「自由設計」です。
 さらに、トレビュー( trend-view :潮流を掴む -造語)という名が示すように、年々変化が速くなっているデザイン性や設備機器の機能などを毎年見直すことにより、常に新しい仕様・デザインを提案し、多くのお客様の支持を得てきました。
 このたび、昨今の社会情勢を踏まえ業界最高クラスの『防犯配慮仕様』を装備、更にデザイン・仕様のバリエーションを強化した『2005年バージョン』を新年より販売します。


【 『 アイ-ウィッシュ トレビュー'05』のポイント】
  1. 防犯仕様の更なる充実。
    「官民合同会議」により公表された「防犯性能の高い建物部品(防犯建物部品 : CPマーク部品)」を大手メーカーとしてはじめて標準採用。住宅の基本性能の1つとなった「防犯性能」をさらに強化し、安全・安心な暮らしをお届けします。
  2. 外観デザイン、インテリアデザインのバリエーションをさらに拡大、最新のデザインを提案するとともに、お客様の嗜好にきめ細かく対応します。

※1:CPマークとは「Crime Prevention(防犯)」の頭文字CとPをシンボル化したマークで「防犯性能の高い建物部品リスト」に公表記載された「防犯建物部品」のみに運用されます。



■商品特長


1.業界トップクラスの『防犯配慮仕様』 - 大手住宅メーカーではじめて「防犯建物部品」を標準装備(※2)

住宅を狙った侵入盗は年々増加する一方で、今や「自分の安全は自分で守る」という時代になりました。こうした背景を踏まえ、当社は、防犯性能は住宅の基本性能の1つであるという考えの下、その充実にいち早く着目、平成15年5月から“全ての新築戸建住宅”を「防犯配慮仕様」(※3)として標準仕様で展開しています。
 『アイ-ウィッシュ トレビュー'05』では、「官民合同会議」(※4)により公表された「防犯性能の高い建物部品(CPマーク)」を大手住宅メーカーではじめて標準採用、さらなる防犯性能の強化を図りました。

  1. 「防犯合わせ複層ガラス」は、1階の全窓に加え、2階バルコニーに面した窓にも標準仕様で装備。侵入盗が身を隠すことができるバルコニー面の防犯性能の強化を図りました。
  2. 引違い窓は「ロック機構付きクレセント+サブロック」の2ロックとしており、従来から「防犯建物部品」に該当する仕様となっていました。今回、さらに窓の施錠をより確実にして頂くために「空掛け防止クレセント」機能を追加しました。
  3. 開き形式が竪スベリ出しの窓は、オペレーターハンドルとは別にレバーロックを2ヶ所とし「防犯建物部品」認定仕様とすることで防犯性能を高め侵入しにくい構造・仕様としました。
  4. 玄関ドアは「防犯建物部品」認定仕様とし、主錠を耐カギ穴壊し性能が10分以上の抵抗時間を有する仕様としました。また、主錠・補助錠ともにピッキング、サムターン回し、カム送り解錠、こじ破りに配慮したシリンダー・サムターンを装備しています。ドア本体もバール等によるこじ破りに対して補強を施した仕様としました。
  5. 勝手口ドアも玄関ドアと同様の錠及びサムターンを装備していますが、外部からの解錠を困難にするため、外部シリンダーをなくしました。(ご要望により外部シリンダーを装着することもできます)

(※2:樹脂サッシ、一部オリジナル機構を有するサッシなどは、当社「防犯配慮住宅」仕様ですが、「防犯建物部品」目録対象外となっています)
(※3:「1階全窓に「防犯合わせ複層ガラス」を採用」・「2箇所以上のロックを持つサッシを採用」・「ハイレベルな防犯性能を備えた玄関ドア・勝手口ドアを採用」等など)
(※4:警察庁、国土交通省、経済産業省及び関係の民間団体で構成された「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」)


2.外観デザイン、インテリアデザインのバリエーションを更に拡大

  1. より多彩な外観スタイルを提案

     戸建住宅購入における大きな決定要因の1つである「外観デザイン」については、年々より多彩なスタイルが要望されてきており、従来のプレハブ住宅の持つ画一的な表現では対応しきれない状況になっています。
     「アイ-ウィッシュ トレビュー」は、発売当初からバリエーション豊富なアイテム群をバックに多彩な外観デザインを提案していますが、『アイ-ウィッシュ トレビュー'05』では、従来の4つの外観スタイル(マイルドモダン、ジャパニーズモダン、ナチュラル&ベーシック、クラシックヨーロピアン)に、南欧風とシンプルモダンを新たに加え、6つの外観スタイルを提案しています。
     外観デザインの表現力の要である外壁材については、DSウォール(25ミリ厚)を2柄、DCウォール(16ミリ厚)を11柄をそれぞれ採用するとともに、「塗り壁」や「タイル貼り」仕様も設定、従来以上に多彩な外観デザインを演出することができます。

  2. クオリティを追求した内装アイテム

     最近のインテリアトレンドに合わせてインテリア基調色を見直し、新しく7つのカラーを設定しました。メリハリのある色彩の組み合わせの提案や、金属質など異素材との組み合わせを演出できる優しく穏やかな表情の木目を採用、クリアモダン・シックモダン・和モダン・ヨーロピアントラッド・ナチュラルの5つのインテリアスタイルを提案しています。
     これにより、シンプルなスタイルから落ち着いた洋館風スタイルまで幅広いスタイル提案が可能となり、お客様のご要望にきめ細かく対応できます。
     なお、外装・内装・設備機器については、お客様が要望される場合は「 アイ-ウィッシュ トレビュー'05 」で設定した部材以外にも、当社オリジナル部材提案システム「DAC(Daiwahouse Amenities Collection)」を活用することで、予算や嗜好に合わせ、より納得のいく家作りが可能です。


3.より安全で快適な暮らしを目指す“レベルの高い基本性能”

 『 アイ-ウィッシュ トレビュー'05 』は、住宅性能表示制度の評価項目において、「構造の安定」「劣化の軽減」「維持管理への配慮」「温熱環境」「空気環境」の5項目で最高等級を達成(※5)、家族の安全と健康に関わる性能を厳しい基準で追求しています。
 また快適に住み続けて頂くために、長期の点検・保証システム「安心のサポートシステム21c」を採用、「安全・安心・信頼」をキーワードとしたダイワハウスの住まい作りを推進しています。

(※5: 一部地域、プランにより異なる場合があります)


■商品概要
●名称 『 アイ-ウィッシュ トレビュー'05 』
(『 I-wish Treview '05 』)
『I-wish』は、当社鉄骨系2階建の中級グレード自由設計商品ブランド
『Treview(造語)』=「Trend View(英) 」=トレンドを見つめ、常に新しい価値を提供する
●発売日 平成17年1月2日
●販売地域 北海道を除く全国
●販売目標 年間8500棟
●プラン 自由設計 参考30プラン
●構造 工業化住宅 軽量鉄骨造
アイ-ウィッシュ トレビュー'05の紹介ページはこちら>>
アイ-ウィッシュ トレビュー'05のカタログ請求はこちら>>

このページの先頭へ