大和ハウス工業株式会社

DaiwaHouse

環境行動計画

環境行動計画エンドレス グリーン プログラム

大和ハウスグループでは、環境長期ビジョンの実現に向け、環境長期ビジョンからバックキャスティング(逆算)した、2030年のマイルストーンを設置し、中期経営計画の対象期間に合わせて、およそ3~5ヵ年ごとに具体的な目標と計画を「エンドレス グリーン プログラム(EGP)」として策定し、活動を推進しています。
EGPでは、ステークホルダーの関心度および事業との関連性が高い「4つの環境重点テーマ(社会課題)」を特定し、これらに対して「調達」、「事業活動」、「商品・サービス」の3つの段階において取り組みを進めます。

環境長期ビジョン “Challenge ZERO 2055”

環境行動計画のあゆみ

環境行動計画のあゆみ

環境行動計画の全体像

環境行動計画の全体像

バックキャスティングによる目標設定

上記4つの重点テーマにおける目標設定にあたっては、当社の創業100周年にあたる2055年に目指すべき姿として策定した「環境長期ビジョン」からバックキャスティング(逆算)するとともに、2030年にマイルストーンを置き、5年後の到達レベルを設定しています。

※気候変動の緩和と適応は2050年

環境行動計画エンドレス グリーン プログラム 2026

「エンドレス グリーン プログラム 2026」(2022~2026年度)は、「7つのチャレンジ・ゼロ」をふまえ、2030年のマイルストーンからのバックキャスティング思考に基づき策定しています。第7次中期経営計画(2022~2026年度)においても、「すべての建物の脱炭素化によるカーボンニュートラルの実現」を重点テーマのひとつに掲げ、バリューチェーン全体での取り組みを推進します。

「エンドレス グリーン プログラム 2026」の重点方針

  1. ● “まちづくりのカーボンニュートラル” 実現に向けて、すべての事業において原則、全棟ZEH・ZEB 化、全棟太陽光発電搭載を推進する
  2. ● “事業活動のカーボンニュートラル”実現に向けて、新築自社施設を原則全棟ZEB化するとともに、2023年度のRE100達成を目指す
  3. ● サプライヤーと「カーボンニュートラル」「森林破壊ゼロ」「ゼロエミッション」の方針を共有し、環境を起点にサプライチェーンの強靭化を図る
  4. ● ESG評価のさらなる向上に向けて、社会・ステークホルダーの期待に応える取り組みを強化する(環境貢献型事業の拡大、気候変動リスクへの適応)
  5. ● 「EGP2026」を“より早く”実践するため、環境経営基盤を整える(環境マネジメント体制の強化、環境人財の育成)

環境行動計画(エンドレス グリーン プログラム 2026)

環境行動計画エンドレス グリーン プログラム 2021

「エンドレス グリーン プログラム 2021」(2019~2021年度)では、新たに海外も含めた全グループ会社を対象に「環境と企業収益の両立」に向けて、「ライフサイクル思考に基づくグループ・グローバル一体での環境経営の推進」をさらに加速。なかでも脱炭素化に向けた取り組みは、第6次中期経営計画(2019~2021年度)でも方針のひとつに掲げ、重点を置いています。

詳しく見る

重点方針

  1. 1. SBT・EP100・RE100の実現に向け、商品と事業活動の両面から“脱炭素”を推進
  2. 2. サプライチェーンにおける環境リスク低減に向け、win-winの取り組みを協働
  3. 3. 事業競争力の向上に向け、環境配慮商品・サービスの開発・普及を推進
  4. 4. 環境ブランド・ESG評価の向上に向け、戦略的な環境コミュニケーションを推進
  5. 5. 環境経営の推進に向け、グループ・グローバル一体での環境マネジメントを強化

「エンドレス グリーン プログラム 2021」の主な目標と実績

基本方針

環境行動計画(エンドレス グリーン プログラム 2021)の実績と自己評価

※詳しくは「サステナビリティ レポート 2022」をご覧下さい。

マテリアリティ(重要課題)の特定

先進的な環境配慮事例 環境配慮商品/事例

商品/事例一覧はこちら

個人のお客さま

住まいを探す

大和ハウスグループの住まいを探す

(土地情報 / 新築・中古一戸建て / 新築・中古マンション)

法人のお客さま