企業情報

ニュースリリース一覧

大和ハウス工業トップ

企業情報

<報道資料>

平成15年5月28日

スローライフ提案住宅
『 I-wish SR 』 新発売



 当社は、平成15年5月31日より、「スローライフ」をコンセプトにしたライフスタイル提案住宅『I-wish SR』を発売します。
 気持ちのよい場所でくつろぎ、おいしい食事をいただき、体にやさしい空間で生活する。そんな単純なことを、多くの方が当たり前のこととして当然のように望んでいます。 しかし、「ファーストフード」に象徴されるように、スピード優先・効率優先の現代では、そんな当たり前の暮らしをすることが難しくなってきています。 そんな中「スローフード」※1に端を発した「スローライフ」というライフスタイルが注目されてきています。これは、消費者の中で「わざわざ田舎に足を延ばさなくても、自宅でもっとオープンに、明るく、おおらかに暮らしたい。」 という暮らしに対する願望が高まっている現れだとも言えます。また、住宅へのこだわり指向はますます盛んで、作り物でない自然の素材感のある“ホンモノ”を追求するお客様が増えつつあり、「自分や家族が安心すること・気持ちいいこと」を基準に、環境配慮型商品を購入する動きも見られます。
 当社では、このような消費者の心の動きに注目し、「スローライフ」を具現化する住まいとして、「気持ちいい」「おいしい」「やさしい」の3つを暮らしのテーマに掲げ、「I-wish SR」を商品化しました。

※1 スローフード:北イタリアのブラという町で生まれた「食の思想」「食の哲学」。急ぎ足の生活が習慣や文化を崩壊させつつあることに危機感を感じ、伝統的な食材や料理、質の良い食べ物を守り、食卓での語らいを大切にしようという食・ライフスタイルへの意識提案。

【『I-wish SR』の特長】
1.“気持ちいい”生活を満喫できる開放的な空間提案
2.“おいしい”生活をサポートする「オープンフリーキッチン」
3.自然素材を使った、人に“やさしい”癒し系インテリア
4.“シンプルでナチュラル”な外観スタイル


【商品特長】

1. “気持ちいい”生活を満喫できる開放的な空間提案

(1)そよ風が気持ちいい「風が通り抜けるリビング」
 「風が通り抜けるリビング」は、リビングの南北に設けた大きな開口部と、天窓を設けた大きな吹抜が特色のリビング空間です。南北の大きな開口部を通り抜けるそよ風と、吹抜上下の温度差で起こる自然風がリビング空間を縦横に流れ、家の中を風が通り抜ける心地よさを体感できます。 リビングの一角に床をアップさせた畳敷きの「床座コーナー」を設ければ、自然風を感じながら、のんびり穏やかに休日を過ごすことができます。
 また、通風や明るさを確保し、視覚的にも開放感を拡げる「エアリーステップ(スケルトン階段)」や「エアリーパネル」を設定、自然がもたらす本当の気持ちよさを、住む人に感じていただける空間を提案します。

(2)自然をまるごと居室にした「アウトドアルーム」
 「アウトドアルーム」とは、リビングやダイニングと連続させた屋外空間で、ウッドデッキ、フルオープンウィンドウ、パーゴラフレーム※2やインターフェースルーバー※3などの、建物本体と一体化した外構アイテムが創り出す屋外のリビングです。 日光やそよ風などを楽しめる、自然をまるごと居室にした感覚の気持ちのよい空間を演出します。ホームパーティーやティータイムなどを楽しむ方にお薦めです。
 「アウトドアルーム」は、家の中にある最も近い自然と言える庭を、生活空間の一部に採り込もうというスローライフならではの提案です。

※2 パーゴラフレーム:建物一体デザインの外部化粧梁
※3 インターフェースルーバー:道路や隣地との境界に、プライバシー保護や日除けの為に設けた木調のルーバーパネル。


(3)くつろぎのバスタイムを演出する「コンフォートバス」&「バスコート」
 一日の疲れを癒すバスタイムを、もっと気持ちよく過ごせる仕掛けとして、ヒーリング機能を充実させた「コンフォートバス」を採用しました。「コンフォートバス」は、ジェットバスを標準仕様としたほか、バスオーディオ・大型バステレビなども用意し、心地よくリラックスできるバスタイムを演出します。また、浴室の内装を木調イメージとし、さらに浴室専用の坪庭「バスコート」を設けることで、自然を感じながらのんびりと過ごせる空間に仕上げています。
 「コンフォートバス」は、ついつい長風呂してしまう、気持ちのよいバスライフを実現する仕掛けがいっぱい詰まった浴室空間です。


2.“おいしい”生活をサポートする「オープンフリーキッチン」

  「オープンフリーキッチン」は、毎日おいしく食事をいただける生活をするために、“楽しく調理すること”“みんなでいっしょに食べること”を指向したダイワハウスが提案するキッチンの新しいスタイルです。システムキッチンの周りをぐるりと動けてどこからでも料理に参加できるアイランド型キッチン、コンパクトなスペースでも開放的で人が集まりやすいペニンシュラ型キッチンなどを活用し、家族や友人が自然と集まり、料理する人と食事する人が一体感をもてるキッチン空間を提案します。
 また、家庭菜園や仕込み仕事に便利な「土間ユーティリティ」、資源ゴミのストックスペースと簡易シンクを備えた「リサイクル収納」など、“食”を中心とした楽しく健康的な暮らしを提案します。


3.自然素材を使った、人に“やさしい”癒し系インテリア

(1)足触りの心地良い無垢フローリング
 最も肌の触れる建材である床材には、一般的なカラーフロアのほかに無垢フローリングも用意しました。無垢フローリングは、自然素材ならではの足触りの良さ、見た目の暖かさなどの癒しの効果を楽しめます。
 また、シックハウスの原因となるVOC(揮発性有機化合物)をほとんど含まないほか、調湿効果などもあり、機能面でも優れた素材と言えます。
 なお、無垢材には、成長速度が速いパイン材とバンブー材を採用、広葉樹に比べて自然破壊への影響が極力少ない樹種を選んでいます。

(2)自然素材を原料に用いた織物クロス
 柔らかく暖かい空間を演出するアイテムとして、キトサン※4や紀州備長炭などの自然素材を原料に用いた織物クロスを用意しました。それらは織物ならではの柔らかく優しい風合いを持っており、落ち着きを感じさせる空間を演出します。
 また機能面でも、キトサンクロス・紀州備長炭クロスともに、VOC吸着効果・調湿効果・消臭効果・吸音効果など様々な効果を発揮します。
 なお、キトサンクロスは当社開発のオリジナル品です。

※キトサン:カニなどの甲殻類の殻に多く含まれているキチンから抽出される物質。キトサンを用いた繊維は、消臭効果や抗菌性に優れており、肌着・寝具・マスクなど幅広い用途に使われています。

(3)無垢材を原料に用いた木製ドアハンドル
 毎日何度も触れるインテリアドアのハンドルには、木製ドアハンドルを採用しました。木の肌触りが心地良く、肌に優しい素材感を楽しめます。


4.“シンプルでナチュラル”な外観スタイル

 “スローライフ”を具現化する住まいにふさわしい外観デザインとして、“シンプルでナチュラル”な外観スタイルを目指しました。 焼き杉をイメージした木調外壁面材と、素朴な質感の土壁調外壁面材の組み合わせにより、庭の樹木に優しく調和する、シンプルでナチュラルな外観デザインに仕上げています。また、バルコニー部の横格子パネルやアウトドアルーム部のインターフェースルーバーなどの木調部材が、ナチュラル感を一層引き出します。


5.環境に配慮した様々なエコロジー設備の提案

 日々の消費電力が表示され、省エネ状況をチェックできる「省エネナビ」、雨水を貯め置きして庭散水に利用できる「雨水利用タンク」、エネルギー使用量を大幅に削減できる「COヒートポンプ式給湯機」、資源ゴミの分別を行いやすく配慮した「エコロジーストッカー」など、生活者にとって身近でメリットが大きいエコロジー設備を揃えました。


6.「安全・安心・信頼」の住まい作り

 「I-wish SR」は、住宅性能表示制度の評価項目において、表示区分5項目、7等級表示で最高等級を達成、家族の安全と健康に関わる性能を厳しい基準で追求しています。
 また、1階全窓に「防犯合わせ復層ガラス」を採用するなど、業界トップクラスの防犯配慮仕様を標準で設定、「安全・安心・信頼」をキーワードとしたダイワハウスの住まいづくりを反映させています。


【商品概要】
・名 称 『I-wish SR』
当社主力商品「I-wish」シリーズの一つで、スローライフをテーマとした住まい「Slowlife Residence」、 スローライフの住まいが創り出す「Slowlife Resort」などの意味合いを込めてネーミングしました。
・発売日 平成15年5月31日
・販売地域 北海道・沖縄県・青森県・秋田県・岩手県を除く全国
・販売目標 初年度600棟
・プラン 自由設計、スローライフを実践する5つのプランを提案
・構造 工業化住宅 軽量鉄骨造

『I-wish SR』 商品紹介ページはこちら>>

『I-wish SR』資料請求はこちら>>

このページの先頭へ