土地活用ラボ for Owner

土地活用ラボ for Owner

  • 賃貸住宅経営のポイント
  • 土地活用バリエーション

コラム vol.016

どのようなきっかけで土地活用を始めたのか?
~オーナー様アンケート分析~

公開日:2014/10/01

所有する土地を資産として活用する土地活用。
使っていない遊休地を利用するというスキームだけでなく、自宅の建て替えなどの際に、今使っているものと一体化させてより効率的に活用するなど、多様化している。
2015年の「相続税」改正を受け、これまで使っていなかった土地を活用する方が増えている。

大和ハウス工業では土地活用の方法として、様々な提案を行っている。そして、毎年数多くのオーナー様に依頼を受け、建築を行っている。
こうしたオーナー様は、どのような思いで土地活用をしようと思ったのだろうか。賃貸用住宅を建てたオーナー様(の一部の方々)に、アンケートの記入をお願いした。その結果を紹介する。

1.どんな理由で土地活用を考えたのか?

このグラフは、複数回答の結果を総回答数からの比率として表したものだが、土地の有効活用が最も多く、相続税の対策、安定収入の確保、老朽化による建て替えと続く。

グラフ1 賃貸住宅経営をはじめたきっかけ

上位2つで約58%、これら4つの回答で約83%となっている。(グラフ1)

2.賃貸住宅経営を始めるに際して重視した事

この質問にも、複数回答可で答えてもらった。
上位3つは、会社の信用度、収益性、借入金に関することで、合わせて37%、そして税務対策、入居者ニーズ(需要)と続く。ここまでで、約53%だ。

グラフ1 賃貸住宅経営をはじめたきっかけ

2. 賃貸住宅経営を始めるに際して重視した事

この質問にも、複数回答可で答えてもらった。
上位3つは、会社の信用度、収益性、借入金に関することで、合わせて37%、そして税務対策、入居者ニーズ(需要)と続く。ここまでで、約53%だ。

グラフ2 賃貸住宅経営をはじめる際に重視した事

オーナー様の置かれている状況は様々だろうが、これらの考えは参考になるだろう。

3.建築する企業を複数比較しているか?

また、こうしたオーナー様は、どのような思いで土地活用をしようと思ったのだろうか。
まず、賃貸住宅経営を始められる(2棟目以降も含む)オーナー様は、建築する企業を複数比較しているかについてのアンケート結果を紹介する。

グラフ3 オーナー様満足度調査(他メーカーと比較したか2013年)

グラフ3をみればわかるように、約半数の方が何らかの形で大和ハウス工業以外の企業を比較検討されている。

一方、半数の方は、比較検討せずに大和ハウス工業1本に絞って賃貸住宅の計画を練ったようだ。他社の状況は分かり得ないが、おそらくこのように比較検討せずに大和ハウス工業だけで検討している方は多いのではないだろうか。比較検討されなかった方々の多くは、2棟目、3棟目というオーナー様であると思われる。過去に大和ハウス工業で賃貸住宅を建てられて、そこで賃貸住宅経営のメリットが実感でき、かつ大和ハウス工業グループ(管理会社含む)のサービスの良さを実感されたのだろう。

土地活用においては、その土地をどのように活用するのが一番有効かを検討することからハウスメーカーの提案は始まる。土地活用に多くのバリエーションがあり、どの手法が最も収支がよく、かつオーナー様の求める条件(ステータス・外観)をクリアするのか、複合的に検討することが求められる。

4.土地利用説明についての満足度

大和ハウス工業の提案に対する満足度調査も併せて行った。
大和ハウス工業の提案する土地利用計画について満足したか?についてのアンケート結果だ。
土地利用計画については半数以上のオーナー様に満足をいただいているようだ。(グラフ4)

グラフ4 オーナー様満足度調査(土地利用説明についての満足度2013年)

契約されたオーナー様の声は、これから賃貸住宅を建てようとする方の参考になることだろう。

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Owner メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ