土地活用ラボ for Owner

土地活用ラボ for Owner

  • 賃貸住宅経営のポイント

コラム vol.027

賃貸併用住宅のメリットとデメリット

公開日:2015/02/25

相続税対象資産評価額の圧縮手法としての賃貸併用住宅

2015年1月から、相続税の税制度が変更になった。一番大きな変更点は、基礎控除の計算方法が変わり、控除額が減ることになり、相続税を負担する可能性のある方が増えることとなったことだ。
これに伴い、現金、不動産、株式等相続税対象資産のうち、税評価額圧縮可能性のある不動産(土地や建物)に注目が集まっている。

そこで、相続税対象資産評価額の圧縮の手法としてますます注目を集める賃貸併用住宅について検討してみる。
自宅を建て替える際に、賃貸併用住宅を建てる例は以前からあった。自宅を建て替える建築費に一定の金額をプラスして階上(階下)に賃貸部分を併設するスタイルだ。
初めて自宅を建設する際に賃貸併用住宅を建てる方もいらっしゃるが、定年後に建て替えを検討し、建て替えだけでなく老後の私的年金としての賃貸収入を得たいと考え、賃貸併用住宅を建てることが多いようだ。建設費の多くを賃貸収入で賄うように検討する方が大半で、賃貸ニーズの手堅い立地ならば検討するに値するスタイルだ。

この写真は、実際に大和ハウス工業が建てた賃貸併用住宅だが、これが賃貸併用住宅のイメージだ。

1階が自宅、2・3階が賃貸住宅

自宅の建て替えや新築がスタートとなるが、自宅併用の賃貸住宅となるため、当然賃貸住宅経営を行うことになる。家賃の出納や建物管理は、サブリース契約により管理会社が行うことが多いようだ。

賃貸併用住宅のメリットとデメリット

ご入居者側の視点で自宅併用の賃貸住宅を見てみると、オーナー様が同一建物(敷地)内に住んでいる賃貸物件ということで、例えば上京してきたばかりの女性などにとって、故郷の両親に安心感を与えるということになるだろう。さらに、セキュリティがしっかりしている賃貸住宅ならばより安心だろう。

オーナー様視点で考えると、先に述べたような資金的なメリットがある一方、万が一騒音が気になるとか、何らかのトラブルを起こすような住人がいると、距離が近い所に住んでいるだけに、やりにくいというデメリットも考えられる。こうしたことが起こらないように、管理会社と綿密に連携を図りたいところだ。

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Owner メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ