注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
  • ご相談
  • 資料請求

注文住宅・建て替えなら安心・安全・信頼のダイワハウス

ダイワハウスの防災配慮住宅 災害に備える家

本当に安心できる、これからの住宅には、
「二次災害」への備えが欠かせません。

住宅における「一次災害」とは?

地震による倒壊や風水害による破損・水没など直接的な被害

気をつけるべき「二次災害」とは?

被災後の暮らしに支障をきたす被害

ライフライン

停電

停電は発生率が特に高く、照明や生活家電が使えずテレビなどからの情報不足になりがちです。

住まい

地震

繰り返しの地震で発生する、建物の変形による損傷を復旧する必要があります。

台風

台風で発生する、飛来物による屋根材や窓ガラスの割れ・飛散に気をつける必要があります。

ダイワハウスの防災配慮住宅「災害に備える家」は、
“3つの備え”で「二次災害」にも強さを発揮。

「災害に備える家」とは?

停電に備える

業界初※1 全天候型3電池連携システム

雨天でも約10日分※2の電力と暖房・給湯を確保する。

地震に備える

独自技術 エネルギー吸収型耐力壁 KyureK(キュレック)

大地震の揺れを大幅に低減し、内外装の損傷を抑える。

台風に備える

高耐久軽量屋根材 ROOGA(ルーガ)・防災防犯ガラス

飛来物への強さを発揮し、屋根材や窓ガラスの割れ・飛散を抑える。

※1 2019年2月当社調べ(プレハブ住宅業界)
※2 水道・ガスが使える場合。
* 一部対応できない商品、地域があります。

太陽光発電と蓄電池があって、
停電時も普段通りに電気を使えました。

北海道 Aさんご一家

北海道胆振東部地震の発生時は蓄電池のおかげで照明を使えたので、すぐに停電とは気付かなかったです。蓄電量はその時に残り50時間。太陽光発電によって蓄電もされたので、停電を気にせず過ごせました。周りの人たちはスマートフォンなどの充電が切れて、情報が得られない状態だったみたいで。私たちはコンセントはもちろん、冷蔵庫も普段通りに使えました。太陽光発電と蓄電池に生活を守ってもらったなと思っています。

停電に備える

停電に備える長期停電時でも電気が使え、
ずっと安心して暮らすために。

「全天候型3電池連携システム」

電気を創る  +  蓄える  の「3電池連携」なら、雨天でも約10日分※2の電力と暖房・給湯を確保できます。※1 2019年2月当社調べ(プレハブ住宅業界) ※2 水道・ガスが使える場合。 * 一部対応できない地域があります。

創る

太陽光発電 エネファーム(PEFCタイプ)

蓄える

蓄電池+切換盤(業界初!※1)停電時もエネファームで発電した電気を貯められます。

雨天でも約10日は普段通りに使える!※電子レンジ、炊飯器はエネファーム稼働時のみ利用として算出。

[ 無償サポート期間 ] エネファーム10年、蓄電池10年、太陽光発電15年※
※メーカーによって異なる場合がございます。詳しくは担当営業までお問合せください。

知っておきたい!
災害における停電の事実

事実 二次災害であるライフライン被害は、「停電」が約9割を占める。

※内閣府(防災担当)災害情報[熊本地震(2016年)以降]より作成。
※戸数は熊本地震以降の災害による被害発生総戸数。

事実 大災害時の「停電」からの完全復旧は8日間かかるケースも。

※内閣府(防災担当)災害情報及び各電力会社報告資料より作成。

停電時は安心がつづく!
停電時における1日の家電製品の使い方

停電時における1日の家電製品の使い方

停電時における1日の家電製品の使い方

停電発生時、電池残量30%であっても5.4kWh蓄電池とエネファーム、太陽光発電を組み合わせることで停電時でも普段に近い生活が可能です。

※水道・ガスが使える場合。

普段はおトクがつづく!
普段の暮らしの光熱費を大幅に削減

年間光熱費約84.2%削減!

数値は当社独自シミュレーションによる試算結果をもとに算出。ただし、算出した数値は目安であり、それを保証するものではありません。

xevoΣスタンダードV断熱標準プランにおける試算値で、2002年省エネ基準相当の住宅との比較。

【建設地】東京都・6地域【延床面積】140.13m2【ご家族】4人【太陽光発電】南面に4kW(屋根置き型)【蓄電池】5.4kWh ecoモード【D-HEMS】“見える化”による電力削減効果10%
※電力削減効果は、(一財)省エネルギーセンター試算値
【給湯】エネファーム PEFCタイプ【調理】ガスレンジ【空調】電気エアコン+床暖房【料金単価】東京ガス、東京電力の2019年2月現在の料金体系【太陽光発電買取単価】24円/kWh(出力制御なし)
※電気料金の再生可能エネルギー発電促進賦課金は2.9円/kWhで計算

【太陽光発電】搭載無し【蓄電池】搭載無し【給湯】ガス給湯器【D-HEMS】採用無し 料金体系・その他条件は同じ。

万一に備えて、採用するお客さまが増えています。

2011年10月1日の発売以来、累計約1万5千台※を販売。万一に備えて、家庭用リチウムイオン蓄電池を採用するお客さまが増えています。

※出荷ベース。2017年実績。

販売台数グラフ

地震に備える

地震に備える本震や余震に耐えつづけ、巨大な揺れから住まいを守るために。

エネルギー吸収型耐力壁
「KyureK(キュレック)」

持続型耐震を実現する「Σ形デバイス」を2箇所に配置し、さらなる安心を。

強い揺れを受けるとしなやかに動き、地震エネルギーを効果的に吸収する独自の技術「Σ形デバイス」。「xevoΣ」の耐力壁に使われているこのデバイスを2つ配置したのが、エネルギー吸収型耐力壁「KyureK」です。ダブルデバイス化することで持続型耐震の性能を向上。巨大地震に耐えつづけ、地震後も安心して住みつづけられる強さを手に入れました。

地震時の建物の変形量も大幅に低減。

エネルギー吸収型耐力壁「KyureK」を1階に配置することで、構造躯体を「xevoΣs+」仕様へと強化。 巨大地震時の建物の変形量を「xevoΣ」と比較して最大1/2低減します。

※ プランにより、1階でも「KyureK」を配置しない場合があります。

「xevoΣs+」の4つの強み

「xevoΣs+」の4つの強み

* 一部対応できない商品、地域があります。

Σ形デバイス

知っておきたい!
これからの「地震リスク」

巨大地震の発生が高い確率で予想され、東日本大震災を超える甚大な被害が想定されています。

※内閣府(防災担当)HPより引用

台風に備える

台風に備える飛散物による被害を防ぎ、
被災後の日常生活を守るために。

高耐久軽量屋根材
「ROOGA(ルーガ)」

暴風時の飛来物による割れを防ぐ材質。

耐衝撃性に優れ、強靭性のある割れにくい材質を採用。台風等による暴風時の飛来物が当たっても素材自体がたわむことで衝撃を吸収します。

地震の揺れを軽減する軽さ。

従来の瓦と変わらない重厚感がありながらも、重さは半分以下という軽さを実現。屋根が軽いと建物の重心が低くなり、地震時の揺れを軽減できます。

* 一部対応できない商品があります。

防災防犯ガラス

ガラスが割れにくく、室内でのケガを防止。

2枚の板ガラスの間に従来の2倍(1.52mm)ある合成樹脂の中間膜をはさみ、熱と圧力で圧着。台風などによる飛来物や地震による衝撃に対して優れた耐貫通性を発揮し、万一破損しても破片がほとんど飛び散りません。また、防犯性にも優れています。

* 一部対応できない商品があります。

知っておきたい!
これからの「風水害リスク」

地球温暖化の影響によって、台風や豪雨による風水害・土砂災害の発生リスクが年々高まっています。

1時間降水量80mm以上の「猛烈な雨」の年間発生回数 グラフ

※内閣府(防災担当)HPを元に作成

ダイワハウスの防災配慮住宅 災害に備える家 カタログプレゼント

お近くの展示場で「災害に備える家」をご案内いたします。
ご来場予約の上お越しください。

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。