3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

木造×RC構造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
閉じる

計画を立てる

Good idea! 災害に備えて安心な毎日を

電気を自給自足する暮らし

日常生活に不可欠なライフラインである電気。ダイワハウスでは、太陽光発電システムと家庭用燃料電池エネファーム、蓄電池を連携させた「電気を自給自足する暮らし」をご提案しています。

災害により停電が続いた際も、太陽光パネルとエネファームで電気をつくり、蓄電池に貯めて効率的に利用することで、普段に近い生活を続けることができます。通常稼働時も効率的な電力の使用により、光熱費の削減が期待できます。太陽光発電で余った電気は電力会社に売ることも可能です。

自然災害は年々増加しています。地震による倒壊や、台風などによる破損・水害といった一次災害に対しては、エネルギー吸収型耐力壁「KyureK(キュレック)」や高耐久軽量屋根材「ROOGA(ルーガ)※」、設備用高基礎などが効果を発揮。しっかりと暮らしを守ります。災害に備えて、普段は環境と家計にやさしく過ごす。より安心で豊かな生活をかなえてみませんか。

※ROOGA(ルーガ)はケイミュー(株)の登録商標です。

大災害時は「電気が使えない生活」が長く続く恐れがあります。

災害発生時のライフライン被害は「停電」が約90%を占めます。照明や家電が使えず生活が不便になるだけでなく、テレビなどから災害情報を得ることも困難に。また、大災害時には停電からの完全復旧に8日間もかかることがあります。万一の場合に備え、電気にも蓄えが必要です。

  • ※内閣府(防災担当)災害情報2017~2019年より作成。
  • ※戸数は2017~2019年の災害による被害発生総戸数

2011年
東日本大震災

完全復旧まで8日

2016年
熊本地震

完全復旧まで6日

2018年
北海道胆振東部地震

完全復旧まで6日

※内閣府(防災担当)災害情報及び各電力会社報告資料より作成

自宅で電気をつくって蓄え、災害に備える

ダイワハウスの全天候型3 電池連携システム

1太陽光発電システム 2エネファーム 3蓄電池の3つの電池が連携し、効率的に電気を供給します。
停電時には1太陽光発電システム 2エネファームでつくった電気を 3蓄電池に貯め、生活に必要な電気を供給し続けます。

※一部対応できない地域・商品があります

停電時 「電気がずっと使える」安心をご提供

停電発生時に蓄電池量が少なくても、全天候型3電池連携システムによって普段に近い生活を続けられます。雨天でも約10日分※の電力と暖房・給湯を確保。温かいシャワーや、消費電力が高い電子レンジなどの家電の使用も可能です。

テレビ LED照明 電子レンジ コンセント 床暖房

※水道・ガスが使える場合。電子レンジはエネファーム稼働時のみ利用として算出。[約10日間の内訳]エネファームの発電電力利用8日間+蓄電池のみ約2日間

※業界初の「切換盤」: 2019年2月当社調べ(プレハブ住宅業界)

通常・稼働時 環境にやさしく、家計にもやさしい

エネファームは発電時の熱を利用し、電気と一緒にお湯もつくるので環境にも優しい仕組みです。つくったお湯はキッチンや浴室、床暖房に利用することも可能。太陽光発電とエネファーム、蓄電池の連携により、日々の暮らしの光熱費を大幅に削減できます。

家庭用燃料電池「エネファーム」

水素と空気中の酸素を反応させて電気をつくる発電設備。家庭から排出されるCO2を削減し、低炭素社会の未来に向けた分散型エネルギーシステムの柱として利用されています。

  • 電気を自給自足する家
  • 災害に備える家
  • 災害に強く、家計にやさしい。 電気を自給自足する家 カタログプレゼント

2020年5月現在の情報となります。

新しい住まいと暮らしの情報誌 an.D 最新号プレゼント。冊子限定プレゼント企画もあります。

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.