3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
閉じる

生活を考える

Good idea! 暮らしを豊かに

動線を生かす収納計画

使ったものがテーブルに出しっぱなしになっている。気をつけて片付けているつもりなのになぜか散らかってしまう。もしかしたら、それは使いづらい収納スペースのせいかもしれません。例えば、使う場所から遠い位置に収納があると、元に戻すのが億劫(おっくう)になり、出しっぱなしになってしまいます。

美しく片付いた空間には、ご家族に合わせた収納が欠かせません。ダイワハウスでは、ライフスタイルに応じた収納計画をご提案します。ポイントは、生活動線をふまえた収納です。洗濯をいつするのか、帰宅後の着替えをどこでするのかなど、家事や生活のパターンをイメージしながら収納を計画することで、家族みんなが片付けやすい住まいをつくります。また、散らかりがちな子どものおもちゃも、遊ぶ場所の近くにしまうスペースがあれば、自分で片付けできる習慣が身につくでしょう。

動線に沿った収納は、家事効率をアップさせ、忙しい毎日にゆとりをもたらしてくれます。収納から暮らしを変えてみませんか。

家事動線・生活動線に合わせた収納ですっきり

家事や生活の動線と収納スペースを工夫することで、日々の作業がスムーズになります。ここでは住まいの各部位ごとに収納のポイントをご紹介します。

快適な暮らしを生む動機

1.玄関

いつでもきれいな住まいの顔

玄関をお客さま用と家族用で分け、家族側に収納をまとめてしまえば、お客さま側はいつもすっきり。屋外で使うおもちゃなど部屋に持ち込みたくないものは、玄関収納にしまいましょう。

2.サニタリー

一連の作業をスムーズに

洗面室、テラス、室内物干し、クローゼットなどを近くに設けることで、「洗う→干す→たたむ→しまう」の洗濯動線を短縮します。

洗う→干す→たたむ→しまう

3.リビング

バックステージで見せない収納

テレビボードの後ろに回遊できるリビング収納を設ければ、リビングでよく使うものがすっきり片付いて、インテリアも引き立ちます。例えばハンカチなど出かける時に使う小物を集めておけば、朝の支度もスムーズです。

4.キッチン

「使う場所」に「使うもの」をしまう

ものをグループ化して、使用頻度に合わせて収納します。よく使う道具は立ったまま手が届く範囲にしまいましょう。キッチン近くにユーティリティがあれば、レシピを見たり家計簿をつけたりと時間を有効に使えます。テレワークをする時や、お子さんが自宅学習をする時にも活用できます。

ユーティリティ

※上記写真はイメージであり、掲載プランのものではありません。

2020年7月現在の情報となります。

新しい住まいと暮らしの情報誌 an.D 最新号プレゼント。冊子限定プレゼント企画もあります。

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.