3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
閉じる

生活を考える

ペット入門

飼う前に考えておきたい
愛犬との付き合い方

生き物と暮らす毎日は
たくさんの喜びや発見をもたらしてくれます。
今回はロイヤルホームセンター西宮中央(兵庫県)内アニマルシティを訪問し、
子犬を迎える前に知っておくべきことを
教えていただきました。

犬種選びは長い目で見て慎重に

愛犬は家族のパートナーとして、10年以上も時間をともにする存在になります。子犬を迎える前に、寿命を全うするまでしっかり面倒を見ることができるかどうか考えましょう。

犬種を選ぶ際は、ご家族構成やライフステージ、お住まいの環境を長期的に考慮することが大切です。飼育環境はもちろん、日々の散歩や手入れに費やせる時間など、さまざまな条件を検討してください。

多くの運動量が必要な犬種を飼うなら、毎日の散歩や運動が必須です。一般的に大型犬は1日1時間程度、小型犬は30分程度の運動が必要だといわれています。また、毛が抜けやすい犬種を飼う場合は頻繁なブラッシングや掃除が欠かせません。トリミングが必要な犬種なら定期的なカット代が必要になることも考慮しておきましょう。

旅行などで留守にしがちなご家族なら、ペットホテルを利用する際の費用も知っておくと良いでしょう。

可愛がりすぎはNGお互いの距離感を大切に

子犬が我が家にやってきたら、可愛さや物珍しさから過剰に構ってしまいがちです。リビングなどの一角にケージを置き、自分でそこから出てくるまではそっと見守りましょう。あまり構い過ぎると子犬のストレスになりますので、無理のないペースで新しい生活に慣れさせるように気を付けてください。

ケージの置き場所で注意したいのは、音や光の環境です。テレビのすぐそばなど騒音が大きいところや、直射日光が当たる窓際など一日の温度差が大きいところは適しません。

子犬のしつけは初めが肝心です。最初の1週間は、トイレのトレーニング(愛犬の飼い方 Q&A:トイレのしつけ方は?)に注力しましょう。可愛いからといって、一緒に寝るのはNG。飼い主が出かけると不安から問題行動を起こす「分離不安症」になる可能性があります。適度な距離感を保って、愛犬との快適な生活をスタートしてください。

愛犬の飼い方 Q&A

食事はどのように与えると良いですか?
子犬のうちはドッグフードを水かぬるま湯でふやかして与えます。消化機能が未発達のため、一度にたくさん食べられないので、一日の食事量を3、4回に分け、時間を決めて食べさせます。生後6か月以降は2、3回に減らしていくと良いでしょう。食べないからといって、銘柄を頻繁に変えるのはお勧めしません。また、関節や皮膚の健康に役立つ愛犬専用サプリメントなども、補助的に利用すると良いでしょう。

プレミアム8JOINT&SKIN(犬用健康補助食品)

あると便利なグッズを教えてください。
お散歩や外出の際に携帯していると便利なのが「うんち袋」です。処理するまで臭いが気にならず、ごみ箱に直接捨てることができます。

うんちが臭わない袋BOS

信頼できるペットホテルの選び方は?
急にお泊まりが必要になった時に備えて、安心して預けられるペットホテルを確保しておきたいですね。お試しで一時預かりを利用するのも一手です。ペットホテルを選ぶ際は、行政機関にきちんと登録していることを証明する「保管許可証」を確認してください。また、ペットホテルの中には、ケージに入れっぱなしのところと、適宜運動させてくれるところがあります。ロイヤルホームセンター西宮中央内のペットホテルは、随時ドッグランで遊んでもらい、夜はケージで休んでもらう仕組みになっています。
愛犬の安全と健康のため、部屋づくりで気を付けるべきことは?
座面の高いソファは要注意。飛び降りた際の衝撃で、脚を骨折するケースも。座面の低いソファを使うか、高い場合はスロープを付けてあげましょう。フローリングの床や階段は、愛犬にとっては滑って歩きづらく、足腰に負担がかかります。カーペットを敷くことで緩和できます。
観葉植物の中には、愛犬にとって有害なものも多く存在します。部屋に置く際は、愛犬が届かない場所に置くか、安全性の高いものを選んでください。また、嗅覚は人間の10万倍といわれ、強い香りは苦手なので、ルームフレグランスなどは控える方がベターです。 ・ルームフレグランスはなるべく避ける・座面の高いソファにはスロープをつけて・フローリングには洗濯しやすいタイルカーペットを敷くのがお勧め・観葉植物を置く場合は選び方に注意
トイレのしつけ方は?
まずは、トイレを覚えやすくする環境を整えます。ケージの中に、寝床とは別にトイレ(シートを敷いた場所)を用意します。そわそわしたり、床のにおいを嗅いだりと、排泄する様子を見せたらトイレに連れて行ってあげましょう。間違った場所に粗相をしてしまった場合は無言で対処するのが基本。失敗を叱っても愛犬は理解できません。うまくできたらその場で褒めるのがコツです。

ここはボクのトイレかな?

取材協力
ロイヤルホームセンター西宮中央
アニマルシティ

https://navi.royal-hc.co.jp/rhcshop/spot/detail?code=0000000007

《飼い方のアドバイス》

ワンニャンハウス株式会社
西宮中央店
ペットアドバイザー

玉野さん

(アニマルシティ内 猫・犬担当)

《ペットホテルのアドバイス》

山口さん(左)
清本さん(右)

(アニマルシティ内トリミング・ペットホテル担当 )

  • 考えよう、ペットと暮らす家
  • カタログプレゼント 猫と暮らす家犬と暮らす家

2020年9月現在の情報となります。

新しい住まいと暮らしの情報誌 an.D 最新号プレゼント。冊子限定プレゼント企画もあります。

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.