3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
閉じる

生活を考える

ヒロシさん直伝
冬の「おうちキャンプ」のススメ

「ヒロシです……」の自虐ネタでブレイクした芸人のヒロシさん。
キャンプ好きが高じて、一人でアウトドアを楽しむソロキャンプの様子をYouTubeで配信し、
今や登録者数100万人を突破し人気を集めています。

近年のキャンプブームや、新型コロナウイルスの影響で
おうち時間を豊かにしたいというニーズの高まりもあり、
庭やベランダで「おうちキャンプ」を楽しむ方が増えています。

キャンプの達人であるヒロシさんに「おうちキャンプ」の魅力をインタビュー。
楽しむコツやヒロシさんが憧れる家づくりについてもたっぷり語っていただきました。

Profile

ヒロシ

ヒロシ・コーポレーション所属。1972年生まれ、熊本県出身。趣味であるソロキャンプの様子を淡々と発信するYouTubeの『ヒロシちゃんねる』は、登録者数100万人超(2020年11月時点)を誇る人気チャンネルに成長。初のキャンプ本『ヒロシのソロキャンプ〜自分で見つけるキャンプの流儀〜』(学研プラス)も好評発売中。

小さい頃からサバイバルな遊びが好き。
冬キャンプの醍醐味は焚き火

――ヒロシさんは子どもの頃からキャンプをされていたそうですが、どんな楽しみ方をされていましたか?

ヒロシ:親にキャンプ場に連れて行ってもらってからハマり、友達同士でも行っていました。夏に友達の家の庭に蚊帳を張って寝たり、海岸で焚き火をして貝を焼いて食べたりと、サバイバルな遊びをしていましたね。昔から僕、焚き火が好きなんですよ。今の時代だと「子どもが火遊びするなんて危険!」と言われそうですけど。

――焚き火の魅力ってなんですか?

ヒロシ:焚き火はキャンプの醍醐味だと思っています。YouTubeでも焚き火の動画が人気ですが、焚き火のパチパチと燃える音には癒やし効果がありますよね。それでいて実用的。焚き火があれば暖もとれて調理もできます。

冬のキャンプは焚き火の心地良さが感じられるので好きです。一昔前は冬のキャンプ場には人が少なくて快適だったんですが、最近はキャンプブームで人が増えちゃって。みんな冬キャンプの良さに気づいちゃいましたね。

「おうちキャンプ」の良さは融通が利くこと。
初心者でも手軽に非日常が味わえる

――家で過ごす時間が長くなり、庭やベランダで「おうちキャンプ」を楽しむ方が増えています。ヒロシさんも「おうちキャンプ」をすることがありますか?

ヒロシ:新しいテントを買ったものの、なかなかキャンプに行けないときは、我慢できなくて家の中でテントを広げていました。広々とした庭やベランダ、屋上があればおうちキャンプが楽しめると思いますよ。

椅子とテーブルを外に出し、ランタンの明かりのもとでキッチンで作った料理を食べるだけでも十分楽しめますし、外で簡単な調理に挑戦してみてもいいですね。焚き火は危険なのでおすすめしませんが、アウトドア用の小さなカセットコンロを使えば、手軽にアウトドア気分が味わえますよ。

――おすすめレシピをぜひ教えてください。

ヒロシ:僕が子どもの頃は、じゃがいもに棒を刺したものを焼いて食べていました。表面だけ焼けて、中は生だからマズい。その味を今でも鮮明に覚えているので、そういう体験は子ども心に強烈に刻まれるんでしょうね。お子さんがいるファミリーなら、そうした体験をさせてあげてほしいですね。子どもに火の安全な扱い方などを教えるいい機会にもなると思います。

理想を言えばキャンプ場に行ってほしいですが、キャンプはちょっとハードルが高いと感じる初心者の方には、「おうちキャンプ」がちょうどいいと思います。寒くなったら家の中と外を行き来すればいいし、飽きたら他のことをすればいい。融通が利くところが魅力です。

ただ、庭で肉を焼くと住宅密集地ではニオイの問題もあるので、簡単な料理がいいと思います。外でお湯を沸かしてカップ麺を作ったり、レトルトカレーを湯煎してご飯にかけて食べたりするだけでも子どもたちにはスペシャルなイベントになります。

――すごく楽しそうです。外で食べる料理の味はやはり格別ですか?

ヒロシ:よく聞かれるんですけど、それはあまり変わりません。それに、テントで寝るのは暑かったり寒かったりするので、家に戻ってベッドで寝るのが一番ですよ。とはいえ、子どもは隠れ家っぽい雰囲気が好きだからテントで寝たがるだろうなぁ。冬キャンプでは風邪をひかないように寝袋や暖かい布団をテントに持ち込んでくださいね。

――キャンプ道具にこだわりのあるヒロシさんですが、「おうちキャンプ」におすすめのテントがあれば教えてください。

ヒロシ:テントって一人用のものでも意外とスペースをとるんです。ビーチの日除けに使われるような、ワンタッチで広げられるものもおすすめです。片付けも簡単なので扱いやすいですよ。

ヒロシ流「おうちキャンプ」が
もっと楽しくなる家づくりのアイデア

ランタンなどキャンプ気分を盛り上げるアイテムをベランダに出せば手軽にキャンプ気分が味わえる。「これくらい広々としたベランダがあればテントも張れますね」とヒロシさん。

――ヒロシさんの目線で、家づくりで「こんな設備があればいいな」「こんな間取りなら『おうちキャンプ』に便利だな」というアイデアがあったらぜひ教えてください。

ヒロシ:テントを広げられる、フラットで十分なスペースは計画しておきたいですね。あとは、庭にピザ窯があったら最高ですし、ハンモックもおすすめです。庭の木々につるしてもいいですが、一年中楽しむなら室内もアリだと思います。ハンモックを取り付けられるように天井を補強しておくといいですね。

※イメージ

――キャンプ用品は何かと収納スペースをとるイメージがありますが、どこに収納するのが便利でしょうか?

ヒロシ:土間のような収納スペースがあれば、出し入れしやすくて汚れを気にせず収納できそうですね。キャンプ好きとしては広いガレージにも憧れます。キャンプ用の四駆車と普段使いの車が2台止められるガレージを作って、見せる収納でキャンプ用品を並べたいです。隣接した部屋から、ガラス越しに愛車とキャンプ用品を眺めるなんて至福のひとときですよ(笑)。

※イメージ

ヒロシ:あとは、「おうちキャンプ」をしている様子が近隣から丸見えにならないように、目線を遮る深い軒をつけたり、木々を植えて目隠しをしたりする工夫は必要かもしれません。僕は近隣から見られると落ち着かないタイプなので。

※イメージ

ヒロシ:家は一生に一度の買い物なので、あとで「こうしておけば良かった」と後悔しないように、設計士の方に相談するといいと思います。僕が家を建てるなら、実現可能かどうかはひとまず置いておいて、すべての希望をとりあえず相談してみます。

まとめ

庭やベランダ、屋上にテントを持ち出して、家族で食事を楽しんだり、外で語り合ったり。「おうちキャンプ」ができる家は、日常生活をきっと豊かにしてくれることでしょう。これから家を建てる方は、参考にしてみてください。


撮影場所:王子住宅展示場

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.