企業情報

ニュースリリース一覧

大和ハウス工業トップ

企業情報

2007/09/12

ニュースレター

当社開発のエネルギーシミュレーションソフト「ecoナビゲーター」を活用した環境配慮住宅の提案が

第9回グリーン購入大賞において『優秀賞』を受賞しました

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:村上健治)が開発したエネルギーシミュレーションソフト「ecoナビゲーター」を活用した環境配慮住宅の提案が、グリーン購入ネットワーク(事務局:東京都渋谷区、代表:中原秀樹)が主催する「第9回グリーン購入大賞(※1)」において、『優秀賞』を受賞しました。
 住宅メーカーとしては初の受賞となります。

「第9回グリーン購入大賞」(※1)では、企業や地方公共団体、民間団体等から77件の応募がありました。当社が応募した「ecoナビゲーター」は、お客様との打ち合わせ時に家族構成や生活パターンなどを入力することで、年間のエネルギーコストやCO2排出量の予測ができる独自のシミュレーションソフトです。

今回の審査では、「様々な住宅設備機器や太陽光発電システムの選択に際し、どの様な組み合わせにメリットがあるかを具体的に顧客に提示することで、住宅購入者の省エネ意識の向上を促進した。」という点に高い評価を得た結果、優秀賞を受賞することになりました。

当社では、住宅メーカーの社会的責任として、今後も「ecoナビゲーター」を社内外で有効活用し、環境に配慮した住宅を積極的に提案していきます。

また、このような提案を通じて、広くお客様に対して環境問題への意識向上や啓蒙につなげ、グリーンコンシューマー(※2)の拡大に寄与したいと考えます。

 

1.「グリーン購入大賞」

  グリーン購入ネットワークが主催している表彰制度。1998年に創設され、環境に配慮した製品やサービスを優先的に購入する「グリーン購入」の普及拡大に取組む団体を表彰し、一層の取組みを奨励するとともに、活動事例の紹介を通じて「グリーン購入」を普及することを目的としている。

2.グリーンコンシューマー

   環境に配慮した行動をする消費者。エコマークつきの商品を購入したり、省エネルギー製品などを積極的に導入する環境保護意識の高い消費者。また、環境配慮商品をグリーン調達する企業も含まれる。

 

■「ecoナビゲーター」について

 

 ecoナビゲーター」は、当社がオリジナルで開発したエネルギーシミュレーションソフトです。「ecoナビゲーター」では、お客様が購入を検討されている住宅の建物データ、建設地、家族構成や設備アイテム等を入力するだけで瞬時にその住宅の熱損失係数(Q値)や、年間のエネルギー消費量、光熱費、CO2排出量を算出することができます。

 また、同時に30年間における建物メンテナンスコストの算出や、省エネルギー設備機器の導入によるランニングコストの比較を行なうこともできます。当社戸建住宅商品「xevoE(ジーヴォ・イー)」に標準搭載している太陽光発電システムの「年間発電量」「売電金額」も瞬時に算出することが可能です。

 住宅の購入を検討されているお客様は、この「ecoナビゲーター」により、住宅購入時から将来に渡っての「経済性メリット」と「環境性メリット」を同時に把握、検討することが可能となり、economy&ecologyなライフスタイルを自ら選択していただけるようになりました。

 

※グリーン購入ネットワークのニュースリリース

  http://www.gpn.jp/press_release/release_070907.html

 

 

■お客様提案画面[ecoナビゲーター] 

 

※画面上の数値は一例です。

以上


このページの先頭へ