企業情報

ニュースリリース一覧

大和ハウス工業トップ

企業情報

2008/07/02

ニュースレター

こども向け職業・社会体験型施設「キッザニア甲子園(KidZania Koshien)」に「住宅建築現場(仮)」パビリオンを出展します

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:村上健治)は、株式会社キッズシティージャパン(本社:東京都千代田区、社長兼CEO:住谷栄之資、以下:キッズシティージャパン)が2009年3月、「ららぽーと甲子園」(所在地:兵庫県西宮市)内に開業予定の「キッザニア甲子園(KidZania Koshien)」に「住宅建築現場(仮)」パビリオンを出展します。

 当社は、企業と社会・環境が調和し、持続的に発展していくため、お客さまをはじめとするステークホルダーと信頼関係を構築し、企業市民として人が心豊かに生きる社会の実現を目指しています。その一環として、2006年10月5日、東京都江東区豊洲にオープンした「キッザニア東京」に続き、「キッザニア甲子園」へ出展することになりました。
 次代を担うこどもたちに、広く住まいに対する考え方や取り組みをお伝えするとともに、当施設での職業体験を通じて、豊かな創造力と柔軟な思考力を育むことができればと考えます。

1.キッザニア甲子園について
 
「キッザニア甲子園」は、2歳から12歳までのこどもたちを主な対象とした、様々な職業を通じて社会のしくみを体験することができる「こどもが主役のこどもの街」です。現実社会のほぼ2/3のサイズで造られた、50以上の実在する企業が出展するパビリオンが、リアルな街並みを形成しており、その中で80種類以上の職業・社会体験をすることができます。こどもたちはその街の中で自由に職業を選び、働くことでキッザニア独自の通貨「キッゾ」を得ます。また、このキッゾを使って、買い物やサービスを受けることができるなど、リアルな経済活動・社会活動を楽しく体験することができます。

 

2.「住宅建築現場(仮)」パビリオンについて
 
当社が出展する「住宅建築現場(仮)」パビリオンは、こどもたちが「家」がどのようにして建てられているのかを学ぶことができる施設を計画しています。実際に家を完成させるために、こどもたちが考え、つくりあげていく作業を共同で行うことで、家づくりの面白さに触れるだけでなく、社会生活を営む上で必要な協調性や積極性を身につけることができます。あわせて、子どもたちが「家」を作りあげていくことで、達成感を味わうことができるプログラムを予定しています。

●キッザニア

  キッザニアは、メキシコのKZM社(本社:メキシコ・シティ、CEO:ハビエル・ロペス)によって開発された子ども向けの職業体験施設です。1999年に誕生して以来、現在までに、メキシコ・モンテレイ(2006年5月開業)、東京(2006年10月開業)、インドネシア・ジャカルタ(2007年11月開業)と世界3ヶ国、計4施設が展開されており、そのユニークなコンセプトは各国で社会的に高く評価されています。

「キッザニア東京」は、2007年4月から2008年3月までの1年間の実績として約93万人の入場者数となっています。今回出展する「キッザニア甲子園」は、「キッザニア東京」に続き日本国内で第2番目の施設となります。

 

 

【キッザニア甲子園施設概要】

施設名

キッザニア甲子園(KidZania Koshien)

所在地

兵庫県西宮市甲子園八番町1-100 「ららぽーと甲子園」

開業予定日

2009年3月

延床面積

1,800坪(約6,000㎡)

パビリオン数

50

年間来場者数

80万人(推定)

営業日

不定休

予約開始

オフィシャルサイトにて2008年11月より受付開始予定

 

 

WEB www.kidzania.jp /ケータイm.kidzania.jp)

 

【会社概要】

大和ハウス工業株式会社

会社名

大和ハウス工業株式会社

所在地

大阪市北区梅田3-3-5

代表者

代表取締役社長 村上健治

創業

1955年4月5日

資本金

1,101億2千万円(2008年4月1日現在)

 
株式会社キッズシティージャパン

会社名

株式会社キッズシティージャパン

所在地

東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル北館2F

代表者

代表取締役社長兼CEO 住谷栄之資(スミタニ エイノスケ)

設立

2004年9月27日

資本金    

2億5千2百万円(2007年4月27日現在)

お問い合わせ先

03(3536)8401

 

<キッザニア東京での職業体験風景>

以上


このページの先頭へ