企業情報

ニュースリリース一覧

大和ハウス工業トップ

企業情報

2011/05/06

ニュースレター

東日本大震災の東北被災地への「LED街路灯」の寄贈について

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、東日本大震災による被災地復興のため、宮城県、福島県、岩手県の各自治体に、30,000台の「LED街路灯」を寄贈します。
 当社が寄贈する「LED街路灯」は、省エネでCO2の削減にも貢献できる街路灯です。一般的な蛍光灯タイプの街路灯と比較すると、寿命は約4倍の4万時間(約9年)を実現し、消費電力・CO2は最大で約45%削減できます。
 このたびの東日本大震災で、現在も避難所生活を余儀なくされている皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

●寄贈予定の「LED街路灯」

名  称

LED街路灯「SL-Aタイプ」

材  質

:アルミダイカスト・透明アクリル

寸  法

H365mm×W220mm×D139mm

定格電源

100V~200V 50/60Hz兼用

入力容量

19VA/21VA

消費電力

16W

CO2排出量/年

38.54kg(※1)

ランプ寿命

4万時間(約9年)(※2)

器具取付間隔

19m(クラスB)

 

1.CO2排出係数0.55kg-CO2/kWhで計算しています。

2.初期の光束が70%に低下するまでの時間。

 

当社は、2009年4月より、環境エネルギー事業部を立ち上げました。一般企業・官公庁向けに、LED照明や高効率反射板、空調などの「省エネ」、太陽光発電システムの「創エネ」、リチウムイオン蓄電システムの「蓄エネ」に、当社の強みである「建築技術」を組み合わせ、顧客の課題を解決するソリューション事業を展開しております。

東日本大震災に伴う電力不足で節電意識が高まる中、当社では、各企業に対して積極的に省エネ・創エネ提案を行っていくとともに、被災地の復興のために、CSR活動の一環として、各自治体に「LED街路灯」を寄贈していきます。

●寄贈が決まっている自治体(2011年4月27日現在)

自治体

納入予定日

福島県西白河郡西郷村

5月9日

福島県福島市

5月9日

福島県白河市

5月中旬

宮城県石巻市

5月11日

宮城県山元町

5月11日

岩手県宮古市

5月10日

岩手県下閉伊郡田野畑村

5月10日

岩手県久慈市

5月下旬

岩手県岩手郡岩手町

5月下旬

 

今後も、各自治体より申込を頂き次第、順次寄贈していきます。

 

LED街路灯の寄贈に関するお問い合わせ先

岩手支店環境エネルギー営業所      019-634-1129

仙台支店環境エネルギー営業所         022-375-5145

福島支店環境エネルギー営業所         024-925-7166

本社環境エネルギー事業部・事業統括部  06-6342-1721

以上

このリリースの画像をダウンロードする。


このページの先頭へ