企業情報

ニュースリリース一覧

大和ハウス工業トップ

企業情報

2011/07/11

ニュースレター

桃・柿育英会「東日本大震災遺児育英資金」への寄付について

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、東日本大震災による遺児・孤児の経済支援のため、桃・柿育英会「東日本大震災遺児育英資金」への寄付を行います。

 桃・柿育英会は、2011年5月18日、東日本大震災の遺児・孤児に対して、経済支援を10年間行うことで、遺児・孤児の成長を見守り、学ぶ意欲を支えることを目的に設立された任意団体です。阪神・淡路大震災でも設立され、10年間で総額4億9,000万円を超える育英資金を、兵庫県教育委員会を通して、遺児・孤児に分配しました。
 当会は、建築家 安藤忠雄氏を実行委員長とし、他7名の著名人が発起人となり活動されています。寄付金は、各県を通じ、遺児・孤児へ分配されます。
 このたび当社は、桃・柿育英会の趣旨に賛同し、2011年4月から2016年3月までの5年間、戸建住宅(分譲住宅含む)を1棟販売するごとに、1,000円の寄付を行うことにいたしました。
 被災地で力強く生きようとする遺児・孤児の一助となれるよう取り組んでまいります。

 

「桃・柿育英会」とは、昔から「桃栗3年、柿8年…」と果樹の木が育つのをじっくりと待つように、震災で保護者を失った子どもたちを、少なくとも18歳になるまでは、見守っていきたいという思いから、名付けられました。

住宅販売戸数

2010年度

9,503戸

2011年度(予想)

10,000戸

以上


このページの先頭へ