企業情報

ニュースリリース一覧

大和ハウス工業トップ

企業情報

2014/07/15

ニュースレター

「CSRレポート2014」・「環境報告書2014」発行

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、7月15日、「CSRレポート2014」「環境報告書2014」を発行しました。
 CSRレポートは、2013年度のCSR活動の中から当社グループが掲げる「共創共生」をテーマに、当社グループ社員憲章に基づき、6分野(社会・環境・お客さま・株主・取引先・従業員)のステークホルダーごとに、重要な取り組みを紹介しています。
 昨年度までは冊子の「ダイジェスト版」とWeb公開の「詳細版」に分けて情報を開示していましたが、今年度はPDF形式で統合し、Web上のみで公開することとなりました。開示にあたっては、包括的に情報を公開するとともに読みやすさにも配慮しました。また、基本的な事項や特集については、動画等でも紹介します。(※1)
 あわせて、当社グループの環境に対する取り組みに特化した環境報告書をはじめ、環境データブックやグループ企業CSRレポート、CSRレポート英語版を発行します。(※1)

1.動画等については8月末、グループ企業CSRレポート・CSRレポート英語版はWeb上で9月末公開予定です。

●ポイント

1.ステークホルダー「社会・環境・お客さま・株主・取引先・従業員」ごとの活動報告に対し、外部の有識者からご意見を頂き、活動に対する評価をより客観的に開示

2.「ア・ス・フ・カ・ケ・ツ・ノ」事業(※2)を通じたステークホルダーへの貢献事例について、特に重要度の高い項目を5つの特集で報告

3.省CO2先導事例の実践報告と環境行動計画「エンドレス グリーン プログラム 2013」の進捗を報告

※2.「安全・安心」「スピード・ストック」「福祉」「環境」「健康」「通信」「農業」の頭文字をとった当社の造語。

1.ステークホルダー「社会・環境・お客さま・株主・取引先・従業員」ごとの活動報告に対し、外部の有識者からご意見を頂き、活動に対する評価をより客観的に開示

各ステークホルダーに対する活動報告の最終ページに、外部の有識者による当社の取り組みについての意見や今後期待することをお伺いし、紹介しています。

2.「ア・ス・フ・カ・ケ・ツ・ノ」事業を通じたステークホルダーへの貢献事例について、特に重要度の高い項目を5つの特集で報告 (特集4・5は「環境報告書」のみに掲載)

特集1

「社会との共創共生」

仮設住宅から公営住宅へ ― 被災地の人々・行政とともに歩む復興支援

宮城県・東松島市「小松谷地地区災害公営住宅(小松南住宅)」

特集2

「環境との共創共生」

生物多様性に配慮した緑豊かな街づくり

環境共生型の街「東京森都心 多摩ニュータウン東山」

特集3

「お客さまとの共創共生」

世代を超えてお客様・地域と育むパートナーシップ

流通店舗事業「福岡支社における土地活用支援」

特集4

「環境との共創共生」

日本初(※3)CO2排出量ゼロを実現したD’s SMART STORE

先進技術を結集した環境配慮型店舗「京都銀行 東長岡支店」

特集5

「環境との共創共生」

エネルギー最小化をめざす次世代省エネ工場

環境配慮型工場「D’s SMART FACTORY」の実証と商品化

※3.銀行店舗として日本初のCO2排出量ゼロを実現。

3.省CO2先導事例の実践報告と環境行動計画「エンドレスグリーン プログラム 2013」の進捗を報告

CO2削減貢献度が目標(6.7倍)を大きく上回る8.6倍に拡大

・太陽光発電システムの全事業における年間設置容量が、国内最大規模である200MW(メガワット)を達成

・再生可能エネルギーによる年間発電量が当社の年間使用電力量の46.1%に相当

 

【閲覧方法について】

今年度は資源保護の観点から冊子を印刷せず、Webサイトへアクセス・ダウンロードして閲覧いただく方法を採用しました。

CSRレポート2014 

https://www.daiwahouse.co.jp/csr/library/report/index.html

■環境報告書2014

https://www.daiwahouse.co.jp/eco/report/index.html

■レポートに対するアンケート

https://www.daiwahouse.co.jp/csr/regist_qa.asp

 

【 未来を、つなごう We Build ECO 】

【関連情報】  > 大和ハウスの環境への取り組み

以上

このリリースの画像をダウンロードする。


このページの先頭へ