企業情報

ニュースリリース一覧

大和ハウス工業トップ

企業情報

2016/03/29

ニュースレター

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 大野 直竹
大阪市北区梅田3-3-5

スマートタウン「SMA×ECO TOWN(スマ・エコ タウン)晴美台」が「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016」において「最優秀レジリエンス賞」を受賞しました

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)が開発・販売したスマートタウン「SMA×ECO TOWN(スマ・エコ タウン)晴美台」は、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会が主催する「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016」において、「最優秀レジリエンス賞」を受賞しました。

■「SMA×ECO TOWN晴美台」について

SMA×ECO TOWN晴美台」は、当社が大阪府堺市のプロポーザル「晴美台エコモデルタウン創出事業」において選定され、開発分譲した戸建住宅地です。国土交通省が公募した「平成24年度(第1回)住宅・建築物省CO2先導事業」の住宅・建築物の新築事業(戸建住宅部門)にも採択されています。

当分譲地は、全戸建住宅(65戸)に太陽光発電システムや家庭用リチウムイオン蓄電池(6.2kWh)(※1)、大半の住戸にはコージェネレーションシステムなどを搭載し、強靭な生活基盤を実現。まちの共用部である集会所においてもエネルギー自給の仕組みを構築するなど、平常時の環境配慮とともに、災害時のエネルギー供給に対するバックアップ機能を備えています。

災害時の活動拠点となる集会所には、非常食の備蓄をはじめ、かまどやトイレとしても使用可能なベンチなども整備し、地域の防災力を高めています。

また、団地管理組合法人を結成して住民が自治活動を行うなど、平時での良好なコミュニティづくりとともに、災害時においても地域力を発揮できるよう、防災イベントなどを開催し、災害に強いまちづくりに向けたコミュニティづくりも行っています。

今回の受賞においては、当分譲地の「エネルギーとコミュニティの自立に向けた取り組み」が高く評価されました。

今後も当社は、まちに新しい価値を生み出し、未来へつなぐまちづくりを全国で展開します。

1.エリーパワー株式会社製。

●「SMA×ECO TOWN晴美台」の受賞履歴

2011年10月

堺市「晴美台エコモデルタウン創出事業」優先交渉権者

https://www.daiwahouse.co.jp/release/20111006150008.html

2012年7月

「平成24年度(第1回)住宅・建築物省CO2先導事業」採択

https://www.daiwahouse.co.jp/release/20120730101620.html

2013年11月

「第10回エコプロダクツ大賞エコプロダクツ部門国土交通大臣賞」受賞

https://www.daiwahouse.co.jp/release/20131126111922.html

2013年11月

2013年都市住宅学会賞・業績賞」受賞

https://www.daiwahouse.co.jp/release/20131129141736.html

2014年2月

23回「地球環境大賞」の「フジサンケイグループ賞」受賞

https://www.daiwahouse.co.jp/release/20140227092110.html

2016年2月

「第16回堺市景観賞」受賞

http://www.city.sakai.lg.jp/shisei/toshi/toshikeikan/dai16kaikeikansyou.html

2016年3月

「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016」

「最優秀レジリエンス賞」受賞

●「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)」について

一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会が主催する、次世代に向けた強靭化(レジリエンス)社会を構築するために、全国各地で展開されている強靭化(レジリエンス)に関する先進的な活動を発掘、評価、表彰する制度。2014年11月に創設され2年目となる今回は242件の応募がありました。

【 未来を、つなごう We Build ECO 】

【関連情報】  > 大和ハウスの環境への取り組み

以上

このリリースの画像をダウンロードする。


このページの先頭へ