大和ハウス工業株式会社

DaiwaHouse

Grow a new Life ~新しい生活を育てよう~

新しい価値観で見えた、新たな景色。
社会へ、お客さまへ、そして未来へ。
新型コロナウイルスに正対する大和ハウスグループの「今」をご紹介します。

わが家のテレワークで見えた風景

大和ハウス工業株式会社 福岡支社
住宅事業部 設計課 主任技術者 藤井 麻貴子

自宅でのテレワークが、ごく普通の風景になったとき、その家は仕事に集中できるのか、仕事と暮らしを両立できる空間なのか。大和ハウス工業でハウジングマイスター(社内認定)として空間設計を担当する藤井麻貴子。彼女の自邸と、数多くの物件を手がける中で採用したアイデアが、これからのヒントになるかもしれません。

「家で働く」を支えた3つのスペース

わが家の建坪は約30坪。その中に3畳のタタミスペースを3カ所つくり、ステイホーム中は、夫婦2人はテレワーク、子どもは家庭学習。この空間をつくっていて良かったと心から思いました。

私のスペースは子どもの遊び場でもある

私が使うタタミスペースは、子どもの遊び場も兼用しています。左奥の収納スペースはロールスクリーンで目隠し。オンライン会議の背景としても使えて、生活感が出ることもありません。

間仕切りなしでも高低差があればいい

自邸ではありませんが、空間の領域を高低差で分けた一例です。ワークスペースをリビングより一段高い位置にすると、リビングにいる人と視線が交わらず、テレワークや家庭学習に集中できます。

閉じる

新しい日常を支えるロジスティクス

株式会社フレームワークス 代表取締役CEO
株式会社ダイワロジテック 取締役
秋葉 淳一

コロナ禍で食料品や生活必需品が店舗から消えたとき、私たちは物流が抱える問題は自分たちにも関わるコトだと改めて気づきました。
そして、新しい日常が始まりました。物流も私たちも、変わらなければなりません。
次世代の物流ソリューションを提供するフレームワークスと共に、私たちの未来を考えましょう。

モノが届かない時代がすぐそこに

労働人口の減少が進み、手だてを尽くしてもモノが届かなくなる世界が近づいています。
物流に関わる人や物流を利用する人、全ての人が意識を変えなくてはなりません。
物流施設・業界全体におけるDXの推進や気ままな購買行動の見直しなど、私たちがすべきことは多くあります。

ウイルス対策をBCPに取り入れる

これからのBCP(事業継続計画)には自然災害や停電だけでなく、感染症対策も求められます。
感染予防の徹底はもちろん、何日で復元できるのか、ロジスティクスのレジリエンスについて考えておくだけでも対応が大きく違ってくるはずです。

ロボットやAIの活用人財を
ロジスティクスのど真ん中へ

ロボットやAIを活用して物流を高度化する。そのためのエンジニアや優秀なベンチャー企業の人財を、どうやってロジスティクスのど真ん中や周辺に集められるか。最大の課題であり、未来への挑戦です。

閉じる

巣ごもりの日々を豊かな時間に

ロイヤルホームセンター株式会社 キセラ川西店
店長 城畑 基昭

日常生活を守り、ステイホームの時間を心地よく過ごしたいと考える方々は、ホームセンターへ足を運びます。家の補修、庭の手入れ、そして犬や猫を新しい家族に迎える。こんな時だからこそ、と暮らしを楽しむお客さまの姿は、ロイヤルホームセンターのスタッフにも働くよろこびを与えてくれます。

どんな時もここでお待ちしています

ホームセンターは、コロナ禍だけでなく、台風や地震など有事の際に必要とされる仕事です。その使命感に奮い立ち、この店舗で約100名いる従業員の誰ひとり休まず、お客さまを迎え続けたことが私たちの誇りです。

お客さまを笑顔にするモノは何だろう

今までにないこんな状況だからこそ、今まで以上にお客さまの言動にはアンテナを張っています。新しい生活様式に対応しながらも、お客さまの期待に応えるには「今、何を求められているのか?」を従業員それぞれが模索しています。

再び日常が止まっても私たちは止まらない

コロナ禍で得られた知識と経験を糧に、もし次の波が来てもお客さまの期待に応えられると信じています。地域のホームソリューションセンターとして、お客さまのベストサポーターとして。

撮影場所:ロイヤルホームセンター キセラ川西

閉じる

カラダだけでなくココロも明るく元気に

スポーツクラブNAS株式会社 NAS平野
総支配人 下坊 裕美

スポーツクラブは、2020年3月初旬より新型コロナウイルス感染拡大による休業要請で真っ先に扉を閉じました。静まり返ったジムやスタジオ。たとえ隣の人と言葉を交わさなくても、同じ空間でカラダを動かすことがどれほど幸せなことだったのか。再開したら、その時間は今まで以上にたいせつなものになる。NASのスタッフは着々と準備を整えました。

やっぱりNASで運動したい

NASの再開を多くの方が待ち望んでいてくれました。「やっぱり、ここで運動したい」「やっと来れました」。それは、人と話すのが好きでNASで働くスタッフたちにとって、なによりもうれしい言葉でした。

同じ空間、同じ画面の中でいっしょに

会員の方にとってNASは生活リズムの一部です。だからこそ感染予防対策は徹底的に。医療・介護関係などさまざまな事情で通えない方々に向けては、自宅でみんなと運動できるオンラインレッスンを始めました。

まちのコミュニケーションの場になる

泳ぐ赤ちゃんを、高齢者の方々が横でほほ笑ましく見守る。地元同士や顔見知りで雑談する。そんな触れ合いを見るたびに、私たちの仕事は、カラダだけでなくココロも明るく元気にすることだと強く想うのです。

撮影場所:スポーツクラブNAS平野

閉じる

子どもから親が幸せをもらう家

xevoΣオーナー
愛知県 Sさま

Sさまは2016年にご自宅を新築。その時につくった空間が学校休校の間、大いに役立つことになりました。勉強する。遊ぶ。食べる。おしゃべりする。庭とつながるリビングダイニングで、ギュッとくっついて過ごした3カ月。子育てしやすいように考えた家は、思いがけない宝物のような時間を親子にプレゼントしてくれました。

家庭学習は目の届く場所で

ダイニングの壁際につくった学習スペース。休校中もカウンターやダイニングテーブルで勉強し、オンライン学習もここで。外出できず、あり余るエネルギーはリビングから続く芝生の庭で発散しました。

家の空気を自然の風で入れかえる

家の中に風を通したいから、リビングは大開口の窓、反対側の和室は掃き出し窓、洗面室には電動で開く天窓を。コロナ禍で換気が重視されるようになり、「大きな窓をつくっていて大正解でした」。

親離れする前の濃密な時間

休校中は家族でドラマを見ながら朝ごはん。勉強も遊びも同じ空間で。「親子でこんなにも濃密な時間を過ごすのは、きっとこれが最後でしょう」。子どものためにつくった家が、親も幸せにしてくれました。

※掲載の写真は2016年当時のものです。

閉じる

近場への旅行で地元を再発見する

Royal Hotel 富山砺波 総支配人 宮永 陽子

Hotel & Resorts NAGAHAMA 木村 菜穂

大和リゾート株式会社 常務取締役 髙本 諭三

好きな時に、好きな場所へ、旅をする。ただそれだけが難しくなり、風薫る季節、大和リゾートが全国で運営するホテルも休館を余儀なくされました。再開の日、「いらっしゃいませ」とお出迎えするスタッフの目には、光る涙。ホテルはお客さまがあってこそ。地元との共生があってこそ。大和リゾートの恩返しが始まりました。

心を込めれば絶対に伝わる

マスクや距離を保ってのおもてなしは、もどかしいこともあります。それでも来てくださったお客さまへの感謝の気持ちがあれば、言葉も行動も変わります。「心は絶対に伝わる」と常にスタッフみんなに話しています。

一人一人のお客さまをたいせつに

お客さまが一気に減った時、「私は接客が本当に好きなんだ」と実感しました。だから、今は勉強。前よりもっと一人一人のお客さまをたいせつに、最上級のおもてなしができるようになりたいのです。

地域と手をつなぐ「私のまちのホテル」

これからのリゾートホテルは、地域を発展させる原動力にならなくてはなりません。地域と手をつないで自然や歴史、食、伝統産業を再発見し、地元の方も惹きつけるプランを発信。「私のまちのホテル」として親しまれる存在を目指します。

閉じる

都市とつながり暮らす森

ロイヤルシティ霧島妙見台オーナー
鹿児島県 Sさま

錦江湾と桜島:国分ハイテク展望台 約20km

過密する都市を離れ、地方へ移住する。あるいは2地域を行き来する。そんな軽やかな生き方が、近頃いっそう価値あるものになりました。大阪から鹿児島の“暮らす森”森林住宅地に移住したSさまは、コロナ禍で改めて、都市一極集中から自立分散型社会への移行が必要だとお考えに。どう働き、どう暮らすのか、変化の時代が訪れています。

まき割り:ロイヤルシティ霧島妙見台内

手で暮らしを創る

自分たちでモノをつくったり、育てたり、発見したい。だから家具をつくり、山菜を摘み、草花で工作をする。苦労して割ったまきで暖をとると、温かさも格別。移住地での暮らしは創造力があればどこまでも豊かです。

ご自宅でテレワーク

私でなければできない仕事

仕事は企業や行政のプロモーション。霧島と大阪、2拠点でのテレワークが中心で、コロナ禍でもさほど影響はなし。むしろ霧島では貴重な存在として社会から必要とされている実感が強まっています。

日光浴:中津川 約4km

里山暮らしで大きく育て

鳥の声で明ける朝。雨の匂い。舞う蛍。大自然を庭に子どもたちは日々成長しています。都市では大勢の中の一人でしかなかった学校も、今は少人数。主体性や積極性が育まれ、遊び、笑い、駆け回っています。

場所:ロイヤルシティ霧島妙見台(鹿児島県)

閉じる

仕事とプライベートが融ける家

株式会社コスモスイニシア
流通事業部 商品企画部 建築課 課長 岸本 泰明

コロナ禍や働き方改革により、仕事とプライベートは緩やかにつながり始めています。コスモスイニシアと株式会社リコーは、2019年から取り組んだ住空間×働き方の価値創出プロジェクトから生まれたアイデアを、コスモスイニシアのリノベーションマンションに採用。ONとOFFの境界を融かし、時間や場所にとらわれない創造的な働き方をご提案しています。

自宅とオフィスの中間にある新領域

私たちはインタビューやワークショップの中で、働き方改革をきっかけに私たちの働き方が変化し、「自宅で朝起きて、オフィスで働き、夜遅く帰宅する」という当たり前の習慣が変化していることに気付きました。「自宅」と「オフィス」の中間に新しい領域が生まれ始めているのです。

家の中にこもれる空間がある

アイデアを具現化した「コモリワーク」は、LDKにつながる洋室の一角にあり、家族と程よい距離感を保ちながら、集中して机に向かえる空間です。机正面のガラスはプロジェクターで映像を映すこともでき、仕事のオンライン会議、プライベートの映画鑑賞など多様な使い方ができます。

家の中に外がある

玄関と一体になる土間のような仕事場「ドマワーク」。床の素材を替えて「住まい」と「仕事場」の境界を演出し、仕事へ向かうマインドセットができるようにしています。キッチンとの間に窓を設け、家族とのつながりを保つとともに、作業しやすい環境を工夫し、創造性を高めます。

閉じる

地域の雇用を生む小さな胡蝶蘭

兵庫県三木市
関西国際大学のみなさん

半世紀近く前、大和ハウス工業が開発した郊外型住宅団地「緑が丘ネオポリス」。高齢化が進む街に、新しいコミュニティを創りたいという想いから、地域のみなさんと共に小さな胡蝶蘭「COCOLAN(ココラン)」を育てる施設がオープンしました。ここで学生のみなさんが実習授業を体験。街や暮らす人のこと、COCOLANに託した願いなどを学びました。

教室ではわからないリアルな社会

授業は「どうしてこの街でミニ胡蝶蘭の栽培を始めるのか」という問いかけから始まりました。三木市や緑が丘ネオポリスが抱える地域課題、花を通じて実現したい就業支援など、背景や目的を知るにつれ、「教室ではわからないリアルな社会を学んでいる」という思いが強まりました。

誰かを想う気持ちが原点に

COCOLANの栽培は、緑が丘ネオポリスの高齢者や障がいのある方々が安心して従事できるように考えられています。花芽の剪定やアレンジメントなど「未経験の方でもできる作業を」。丁寧な出荷前検品は「受け取る人に喜んでほしいから」。誰かを想う気持ちが原点にあるから、どんな作業も愛情をもって取り組めました。

みんなと何かをする楽しさ

ワークショップでは、街の人から以前と比べて賑わいが少なくなったように感じるなどのお話をお聞きすると同時に、地域活性化や地域交流に対する強い想いを受け取りました。私たち学生もCOCOLANを通じて、コロナ禍で見直された「みんなと何かをする楽しさ」を多くの人に伝える架け橋になりたいと思っています。

閉じる

住み慣れた街の新しい可能性を求めて

上郷ネオポリス オーナー
神奈川県 Nさま

上郷ネオポリスは1970年代に誕生した郊外型住宅団地です。大和ハウス工業は今、住民の方々と共に街の再耕に取り組んでいます。ある日、街のコミュニティ施設「野七里テラス」に、Nさまご夫妻をはじめとする方々が集合。街の中を移動するときに危ないと感じる場所を共有し、まちづくりに活かす意見交換が行われていました。

タウンモビリティを活用したまちづくり

私たちだけでなく、全国の郊外型住宅団地に住む方は、高齢化が進むと毎日の買い物などちょっとした外出も難しくなります。そんな負担を軽減するため、横浜市と街で次世代型1人乗り電動車「近距離モビリティWHILL(ウィル)」の可能性を検証することに。私たちも実証実験に参加しました。

新たな移動手段で行動が広がる

夫は目と足が不自由ですが、とにかく積極的に行動するタイプ。けれども、夫の乗る車椅子を押して勾配の多い道を出かけるのは、私の体力では大変。電動走行のWHILLなら負担も軽くなります。二人で手を重ねて操作をする機会を得たことで、「隣に並んで歩く」日常もよみがえりました。

街が人のつながりを育んでいく

実証実験は2020年秋。コロナ禍で人との触れ合いが減る中、WHILLに乗っていると声をかけてくれる方が増えました。街のさまざまな取り組みが人と人とのつながりを育んでいくんですね。ここに暮らす方みんなが、住み慣れた街の新しい暮らしを創る主役になるんだと実感しています。

閉じる

生活環境の変化に保険で応える

大和ハウスインシュアランス株式会社
代表取締役社長 嘉多山 学

保険商品は内容が複雑なため、お客さまと対面でのご提案や手続きが主流でした。しかし、コロナ禍でWebや電話、メール対応へのニーズが高まりました。対面から非対面へ。だからこそ、よりわかりやすく具体的に。保険代理業を展開する大和ハウスインシュアランスでも、これまで以上の説明責任を果たす取り組みを始めています。

オンラインでの対応を加速する

私たちは以前より手続きのデジタル化を進めていますが、オンラインでの対応をさらに加速しました。例えば住宅を建てて火災保険加入を検討される方には、ハウスメーカー担当者の訪問時に合わせてオンラインでご説明。お客さまの利便性を向上する非対面のスキームを開発しています。

いつか必ず起こること

災いは「忘れた頃にやって来る」のではなく、「いつか必ず来る」という認識へ変える必要があります。地震や台風などの自然災害も然り。自動車事故も起こらない日はありません。今回のコロナ禍も、今世紀に入ってSARS、MERSに続く感染症です。次は鳥インフルエンザかもしれません。

生活感を共有できる企業でありたい

保険は年齢や家族構成、資産、パンデミックや災害など、取り巻く環境の変化に応じて見直していくものです。その人の生活に最も合うものであるべきです。そうした「生活感」をお客さまと共有し、生き方に密着した保険を、誠実に堂々とご提案できる私たちでありたいと思っています。

閉じる

企業間物流でビジネスを前へ

大和物流株式会社
関西地区リーダー 兼 滋賀支店 支店長 鈴木 拓也

コロナ禍で経済活動が停滞し、企業から企業へのモノの動きが鈍りました。企業間(BtoB)物流を担う大和物流は、住宅や事業用施設などの建材・設備、産業機器を中心とした貨物を納品先の現場へ運んでいます。ワクチン接種で明るい兆しも見えてきた今、このコロナ禍をどう乗り越え、どこへ進むのか。大和物流の未来への視線を追ってみましょう。

お客さまを支え続ける決意

たとえコロナ禍であっても、お客さまのビジネスが動いている限り、物流を止めることはできません。私たちは全国で自社トラックを約470台保有しているほか、常時、協力会社からも約2,000台を利用。さまざまなケースに備えて、事業所間や協力会社とフォローし合う体制を構築し、コロナ禍の状況にも対応しています。

BtoB物流の今、そして未来

BtoCの配達では非対面の「置き配」が広まっていますが、BtoBの物流現場は今も対面が主流で、紙を使う業務も多くあります。とはいえ、これからは物流業界全体で非接触・非対面の物流サービスや業務のデジタル化を考えていかなくては、という意識が強まりました。

体力を強化し、変化に応える

今後、メーカーは市場動向を見ながら事業活動を活性化させるでしょう。その生産・出荷・在庫のバランスに柔軟に応えられるよう、物流現場の体力強化を図ります。全国を網羅する事業所や協力会社との強い横のつながりがあれば、将来のパンデミックや災害にも対応できると信じています。

閉じる

IoT賃貸住宅で一歩先の未来へ

大和リビング株式会社 三鷹D-roomセンター
センター長 江村 里香

ダイワハウスの賃貸住宅“D-room”を管理する大和リビングは、東京・横浜に仲介窓口のD-roomセンターを開設しています。武蔵野市の三鷹D-roomセンターでは、在宅勤務の広がりで東京中心部から郊外に引っ越しされるお客さまが増えました。求められる条件や物件探しの方法も変化。賃貸住宅の世界にもwithコロナ時代の新しい風が吹いています。

大和リビングオリジナルスマートロック「D-room MASTER」

お一人で好きな時間に物件を内見

コロナ禍で増えたのは「都心から1時間ほどの郊外で、テレワーク用に部屋数は1つ多く、オンライン会議で見栄えのする空間を」というご要望でした。内見も非接触に。お客さま一人で好きな時間にご見学できるよう、日時限定の暗証番号で開錠できるスマートロックを活用しています。

写真左:お客さまはご自宅などで内見
写真右:スタッフは現地から中継

遠方でもお昼休みでもオンラインで

オンライン内見では、私たちが現地から端末でお客さまのご覧になりたい場所をご案内しています。上京を控える地方のお客さまだけでなく、都内の方からもお昼休みに見られると好評です。さらに現在、お部屋探しから入居、退去まで全てオンラインで完結できるよう取り組んでいます。

コンシェルジュのいる賃貸住宅

私たちが扱う物件の多くはインターネット回線やWi-Fi、スマートスピーカーを導入しています。テレワークやオンライン授業が増え、通信環境の整ったD-roomには大きな反響がありました。これからはAIがコンシェルジュとなり、その方に最適な環境をつくるIoTをさらに進めてまいります。

閉じる

ステイホームを支えるマンション管理

大和ライフネクスト株式会社
北関東支社 北関東第三支店 西根 光明

建物管理を行う大和ライフネクストは、お客さまの日常を守り、社会生活インフラ機能を担っているという自負のもと、感染予防対策を徹底しながら業務を継続しています。そんな中、フロントマネージャー(マンション管理員)の西根は、お住まいのお客さまから「自己防衛に」と手作りのフェイスシールドとお手紙をいただきました。

温かい言葉に気持ちが奮い立つ

お手紙には「コロナウイルス感染が拡大する中、日々のごみ処理業務に対応されるフロントマネージャーや回収事業者の方のことを思うと、本当に頭が下がります。その存在が私たちの生活の支えです」と温かいメッセージ。フェイスシールドは私にとって大切なお守りになりました。

お客さまの日常を支える

感染リスクを避けるためのソーシャルディスタンスを保ちながらも、心でしっかりと寄り添い、相談しやすい身近な存在でありたいと思っています。季節ごとに変わるお花を美しく保ち、それを見て笑顔になっていただくこともコミュニケーションのひとつになっています。

仲間たちと学び、高め合う

私は、近隣のフロントマネージャーが集まるエリア会のリーダーとして、新人の方のサポートもしています。設備操作から地域情報まで冊子にまとめて共有したり、コロナ禍での気付きや創意工夫を伝えたり。使命感を持った仲間たちと共に、同じ方向を向いて進んでいきたいと思っています。

閉じる

リフォームで得た365日分の価値

大和ハウスリフォーム株式会社
西日本支社 阪神営業所 大高 春江

郊外の実家をリフォームし、駅近マンションからの住み替えを実践されたNさま。お子さまの進学を控えていたことやコロナ禍で勤務体制が一変したことなど、ライフスタイルの変化が住み替えの契機に。ステイホームで家族の距離感が近くなった2020年、理想の住まい方を半年かけて検討され、リフォームへと踏み切られました。

リフォーム前

実家を生まれ変わらせて孫世代へ

20年以上ご両親が住み続けた家をたいせつに孫世代まで。そんな想いと、利便性の高いマンション生活から離れる覚悟との間で葛藤されていましたが、お子さまの進学までに、とお考えに。ご両親は入れ替わりで便利な都心へ転居。コロナ禍ではありましたが工事もスムーズに進みました。

リフォーム後

郊外で知ったおうち時間の楽しみ

以前のマンション生活は緑が少なく、ボール遊びも気を遣う環境だったそう。郊外で迎える新生活は「暮らし方や気持ちを大きく変え、家庭菜園やBBQなどおうち時間を楽しむ知恵も与えてくれました」とNさま。郊外生活は週末だけでなく、365日楽しめる価値あるものでした。

withコロナの新しい住まい方

コロナ禍を経て住まい方の選択肢が増えました。都心から郊外へ。家には、在宅に備えたパーソナルスペースや手洗いなどの動線を考えた水回りを。リフォームでできることはお客さまの数だけあります。新しい住まい方を始めたい皆さまを私たち大和ハウスリフォームがお手伝いします。

閉じる

ご入居者とご家族の笑顔を守る

大和ハウスライフサポート株式会社
ネオ・サミット茅ヶ崎 館長 増田 憲人

湘南の海岸近くにある住宅型有料老人ホーム「ネオ・サミット茅ヶ崎」。コロナ禍でご家族や外部の方の館内立ち入りを制限するなど、徹底した感染予防対策を講じています。その中でいかにご入居者の暮らしやメンタルヘルスを守り、ご家族には安心していただけるよう、スタッフ全員が力を合わせ、さまざまな取り組みを行っています。

入館制限下での面会方法を模索

ご家族との面会は、当初は透明なパーティション越しに、緊急事態宣言下では屋外のご家族と窓ガラスを挟んで電話でお話しいただきました。またオンラインのビデオ会議ツールも併用。あるご入居者は元旦、ご自宅に集まったご親戚の皆さまとオンラインでお会いでき、とても喜んでいらっしゃいました。

写真左:フラダンス、写真右:オンライン体操(もみの樹・渋谷本町)

ご入居者の楽しみを増やすレクリエーション企画

外部講師を招くイベントは中止しているため、職員によるピアノやハンドベル、フラダンスなどを披露。この他、会社全体で食事・運動・睡眠の観点から免疫力を高める取り組みも行っており、その一つとしてスポーツクラブNAS と協力して毎週、オンライン体操を全施設つないで開催しています。

ご家族の言葉が私たちの励みに

卒寿を迎えたご入居者は面会が実現して「表情が柔らかくなりました」という言葉や、ご家族への電話報告を増やしたことで「安心しました」など、ご家族アンケートのお言葉は私たちの励みになります。ご入居者とご家族、双方のお気持ちをフォローできるよう、スタッフみんなで心がけています。

閉じる

人に、社会に、物流で貢献できること

若松梱包運輸倉庫株式会社
執行役員
事業推進本部 輸送事業部 事業部長 飯草 和也

コロナ禍で街を歩く人が減ったときも、物流は変わることなく動き続けてきました。若松梱包運輸倉庫は北陸地方や中京圏を中心に、食品や日用雑貨品、医薬品を域内の流通拠点へ運ぶ物流企業です。地域において欠かすことのできない社会的使命を改めて実感しています。

生活必需品の物流は決して止めない

2020年春に一時、店頭から商品がなくなり、社会に不安が広がりました。私たちは生活必需品を多く運ばせていただいています。口にするモノ、手にするモノが店に並んでいる。その安心感を守るため、私たち物流企業は何としても業務を止めてはならないという強い思いを持っています。

求められる高いレベルをクリアする

近年、医薬品の流通における品質確保のガイドラインが定められ、私たちもこれに適合する輸送を行っています。医薬品に限らず、食品輸送も管理が難しく、効率やコスト、衛生面で高いレベルを求められます。コロナ禍の今も立ち止まらず、物流品質の向上に日々取り組んでいます。

地域貢献できる人、企業でありたい

コロナ禍でも、従来から策定していたBCP(事業継続計画)で滞りなく事業を続けられました。今後は地域・自治体などとの協力を深め、例えば非常時には自社倉庫を避難や備蓄に役立てたい。まずは北陸で。そして東海、関西、首都圏で。地域社会に貢献する人、企業でありたいと思っています。

閉じる

リノベーション住宅の新潮流

大和ハウス工業株式会社
東京本社 営業本部 リブネス事業推進部
技術推進室(福岡駐在)主任技術者 日和原 雅史

大和ハウスグループは、中古住宅の購入・売却・リノベーションをお手伝いする事業(リブネス)の一環として、自社で買い取った戸建住宅やマンションをリノベーションして再販しています。2020年5月、まだコロナ禍の出口が全く見えなかった頃、大和ハウス工業の技術推進室メンバーは新しいリノベーション住宅の企画を立ち上げました。

潜在ニーズを具現化する

企画にあたっては、住まう人のニーズの変化を予測し、アフターコロナも見据えた安心・安全に暮らせるリノベーション住宅を開発しようと考えました。ポイントは3つ。室内にウイルスを持ち込みにくくする、自宅で仕事ができる、外出自粛中でも十分な食料品や物資を備蓄できることです。

写真左:セカンドワークプレイス、写真右:ストレージバンク

リノベーションでつくるNew Style

玄関から廊下にかけての「タッチレスゾーン」には、自動水栓の手洗い器などを設け、ウイルスを部屋に持ち込みにくくするように工夫。「セカンドワークプレイス」は、家族の様子を見ながら仕事ができる空間です。備蓄庫の「ストレージバンク」には冷凍庫用のコンセントも設置しました。

リブネスでSDGs達成に貢献する

リブネス事業の買取再販は、大和ハウスグループが推進するSDGs(持続可能な開発目標)の目標11「住み続けられるまちづくりを」、目標12「つくる責任 つかう責任」達成にもつながっています。リノベーションを通じて建物の価値を高め、循環型社会に貢献する。私たちの挑戦は続きます。

閉じる