3階

重量鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

木造×RC構造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
LiveStyle PARTNER まずはあなたの家づくりタイプを診断する
閉じる

計画を立てる

Good idea! 備えあれば憂いなし

災害時も安心が続く住まい

年々増加する自然災害。万が一被災した場合の暮らしについて、しっかり考えて備えておきたいですね。一次災害とは、地震や台風などの災害が直接的に及ぼす被害のこと。一次災害をきっかけに発生するのが、停電などの二次災害です。暮らしに支障をきたす両者に備えるため、ダイワハウスのさまざまな防災アイテムをご提案します。

一次災害にも、二次災害にも備える防災配慮住宅 災害に備える家

一次災害とは、地震や台風などの災害が直接的に及ぼす被害のこと。
一次災害をきっかけに発生するのが、停電などの二次災害です。
これらに備えるための、ダイワハウスのさまざまな防災アイテムをご提案します。

一次
災害

地震に備える

継続して地震エネルギーを吸収

巨大地震では、本震に続いて大きな余震が繰り返し起こります。エネルギー吸収型耐力壁「KyureK(キュレック)」は、2つの「Σ形デバイス」が地震の揺れを吸収。本震の揺れを大幅に低減することはもちろん、繰り返す余震にも耐え続け、建物の内外装の損傷を抑えます。

※一部対応できない地域・商品があります。

一次
災害

台風に備える

飛来物から住まいを守る

地球温暖化の影響で、台風による風水害リスクも高まっています。そこで、高耐久軽量屋根材「ROOGA(ルーガ)」や、割れにくく破片が飛び散りにくい「防災防犯ガラス」を採用することで、飛来物による被害を抑えられます。ROOGAは従来の瓦より軽量なので、建物の重心を低くし、地震時の揺れも軽減できます。

※一部対応できない商品があります。※写真はイメージです。

二次
災害

停電に備える

いつでも電気が使える安心感

ライフラインの一つである電気。大災害の場合には、停電から完全復旧まで8日間もかかる場合があり、二次災害となる可能性があります。もし停電が起こっても、「全天候型3電池連携システム」があれば電気を使い続けられます。

※水道・ガスが使える場合。

電気を創る

太陽光発電 エネファーム(PEFCタイプ)

電気を蓄える

蓄電池 切換盤

*2019年2月当社調べ(プレハブ住宅業界) ※一部対応できない地域・商品があります。

停電時のしくみ

停電時には、(1)太陽光発電と、(2)エネファームで電気をつくり、(3)蓄電池で効率的に電力を貯めて供給し続けます。そのため、雨天でも約10日分※の電力と暖房・給湯を確保。停電発生時、蓄電池残量が30%であっても、3電池の連携により、普段に近い生活が可能です。テレビなどから災害情報を得ることもできます。

※水道・ガスが使える場合。

停電時エネファームの発電電力を蓄電可能に

従来、エネファームによる発電電力の利用範囲はコンセント1カ所に制限されていました。業界初※の切換盤の導入によって、停電時にエネファームからパワーコンディショナ部へ給電できるようになり、電力の利用範囲が広がりました。

※2019年2月当社調べ(プレハブ住宅業界)

万が一に強い国内生産

システムに内蔵されている大型リチウムイオン電池は、すべて国内生産。耐熱性に優れた素材を採用しているため、地震などで潰れても発火せず、火災を誘発しません。

通常稼働時のしくみ

通常稼働時には、電力会社からの買電や、(1)太陽光発電と(2)エネファームでつくった電力を使用。
電力不足時は、(3)蓄電池に貯めた電力を放電します。余った電力は電力会社に売ることができます。

※売電は太陽光で発電した電力のみです。

地球と家計にやさしい発電

エネファームは、「水素」と空気中にある「酸素」を反応させてご家庭でガスから電気をつくる発電設備です。さらに、化学反応に伴って発生する熱を利用してお湯を沸かし、給湯にも利用可能。災害時以外の普段の光熱費の削減にも期待できます。

二次
災害

断水に備える

飲料水と生活用水をいつでも確保

地震後は、水道管が破裂して断水が起こる恐れもあります。床下空間に設置できる飲料水貯留システムがあれば、家族4人分の飲料水を3日分確保できます。

  • ※4日以上水を使用しなかった場合、貯留水の水質が低下している恐れがあるので、取水用器具の使用を再開する際、最初の110ℓ(全開使用で15分程度)を飲料以外で使用してください。
  • ※一部対応できない地域があります。
家族4人x3日分を置き換え・貯留

また、雨水タンクに雨水を貯めておけば、災害時は生活用水に、通常時はガーデニングなどに利用できます。

防災配慮プラン例 1

災害時には1階をベースに、家族一緒に安心して暮らせる。

1musubiコーナー

リビングから1段床が上がったタタミスペース。
布団を並べて敷くなどして、災害時に家族が一緒に過ごせます。
また、テレビをこのスペースから見える位置に設置すると、災害時に常に情報を得ることができます。

2保安灯

2階の各部屋から1階のリビングへ向かう動線に保安灯を設置。
持ち運べる保安灯があることで、夜間でも家族が安全にリビングへ集まれます。

3防災防犯ガラス

すべての窓に防災防犯ガラスを採用し、安全性を確保。

4エネファーム・蓄電池用高基礎

エネファームと蓄電池用の基礎を従来より高くすることで、水害から設備を守れます。

防災配慮プラン例 2

1階の復旧が必要でも、2階で生活を持続できる。

1土間収納

防災リュックやヘルメット等の防災用品をしまえる収納スペース。
避難時に持ち出しやすいよう、玄関付近に配置しています。

2エアリビング

水害などによって庭が使えなくても、エアリビングがあれば広々と過ごせます。
普段は洗濯物干し場や子どもの遊び場としても活用できます。

3蓄電池2階設置

床上浸水のリスクが高い地域では、2階に蓄電池を設置することで、万が一床上浸水が発生しても電力を確保。2階での在宅避難が可能になります。

蓄電池はウォークインクローゼットや収納の中に。リフトハンガーを設置し、蓄電池上のデッドスペースを収納として活用できます。

  • 電気の自給自足ができる  災害に備える家
  • カタログプレゼント 災害に備える家

家づくりの 先輩の 200以上の建築事例をご紹介

“間取り付き”実例集3冊セット無料プレゼント! お申し込みはこちら

2022年2月現在の情報となります。

[あなたと描くリブスタイルデザイン情報誌 and.y] and.y 冊子をお申し込みいただき、冊子内の限定プレゼント企画にぜひご応募ください!冊子を申し込む

LiveStyle PARTNER まずはあなたの家づくりタイプを診断する

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.