3階

重量鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

木造×RC構造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
LiveStyle PARTNER まずはあなたの家づくりタイプを診断する
閉じる

住まいを見る

お住まい訪問

広さと上質感を追求した
心を解放するのびやかな暮らし

[東京都 Mさま邸]

長くイタリアで生活してきたMさまが新居に求めたのは、
海外の邸宅のようにゆったり暮らせること。
広さと素材にこだわり、上質感ただようお住まいが完成しました。

海外の住まいのような天井の高さと空間の広さ

南東の2方向で道路に面した利便性の良い土地に、美しく佇むMさま邸。両開きの玄関ドアを開けると、ホテルのような玄関ホールの向こうに30帖を超えるリビング・ダイニングが広がります。イタリアで長く過ごした経験のあるMさまは、当時暮らした住まいのように天井が高く広々とした空間や、上質な素材使いを新居に希望されました。

両開きの玄関ドアとゆとりのある玄関ホール

南側のテラスを囲むようにリビングとダイニングを配置し、日差しをたっぷりと取り込めるレイアウト。広いリビングの中央にはL字型のソファとデザイン性の高いテーブルを置きました。ご夫妻と子どもたちがそれぞれ好きな場所に座って本を読んだり、寝転んでくつろいだりできる大型のソファです。

正面には装飾と実用を兼ねた収納スペースを設け、リビングのフォーカルポイントに。これまでコレクションしてきた小物や家族の写真を飾るのが楽しみだそうです。また、構造柱を利用した飾り棚もしつらえました。

リビングの隣には4.5帖のモダンな和室。普段は扉を開放してリビングと一体で使われています。

天井まである掃き出し窓から自然光が入り、部屋中が明るさで満たされます

内と外をつないで我が家で自然を楽しむ

ダイニングはナチュラルな白を基調とした、エレガントなインテリアコーディネートです。天板に石を使ったテーブルに、曲面が体を包み込むようなチェアを組み合わせて、ペンダントライトは3灯配置。同じく3つのスリット窓が空間のアクセントになっています。また、食事の場と作る場を切り分けたいと、キッチンはあえて独立タイプを選ばれました。

キッチンを独立させることで、ダイニングは食事に集中できる空間にソファに

リビングのワイドなサッシを開放すると、深い庇の下にテラスが広がっています。内と外が一体となり、まるでもう一つのリビングといった趣。屋外用のチェアを置いて、バーベキューをしたり朝食を取ったりと、日常的にアウトドアライフを楽しんでいらっしゃるそうです。

もちろん2階の主寝室もゆったりと計画。その奥には書斎スペースも併設されました。造り付けのデスクも設けて、趣味や仕事に活用されています。 

庭木の緑を眺めながら過ごせるテラス。リビング床との段差がなく、一続きの間取りとして活用できます

Mさま一家の2人姉妹は、友達を家に招く機会が増え、学校に行くのも楽しくなったのだとか。習っているバレエの練習で飛んだり跳ねたりできる我が家に大満足です。一方、ご夫妻は家に居るのがとても心地良く、休日もずっとここで過ごしたいと思うようになりました。「想像以上の出来に感動しています」とMさま。開放感のある伸びやかな空間に、ご家族4人の幸せが満ち満ちています。

単調な外観にならないよう、2階のスリット窓の部分に奥行きをもたせたり、軒の出を深くしたりして凹凸感を表現しました

ソファに腰掛け、ゆったりとした時の流れを味わうMさま

ナチュラルな白とグレーを基調とした、落ち着いた雰囲気の主寝室。併設した書斎スペースは隠れ家的空間です

フォトギャラリー

2m72cmの天井高に加え、テラスに面したフルハイトの掃き出し窓により開放感いっぱいのリビング。床段差を解消することで、テラスとリビングが連続性のある空間になりました。道路側からの視線が気にならないよう、程よい高さの塀で囲い、プライバシーにも配慮しています

リビングと玄関ホールを隔てる引き戸は天井まで高さをもたせてスッキリと。アクセントタイルを壁一面にあしらったのが印象的です。写真左手の和室にも同じタイルを張り、空間の一体感を高めています

リビングに隣接する4.5帖の和室は、無駄な部分がほとんどない、シンプルでシックなインテリアコーディネートです。床の間の代わりに設けた板の間は、和のオブジェを飾るスペースに。普段使いはもちろん、ゲストを泊める部屋としても活用されています

キッチンとダイニングは別々の空間に。独立タイプのキッチンとすることで、調理作業中の様子をダイニングから見えにくくし、落ち着いて調理がしたい というご希望をかなえました

2階の主寝室には南側に3本のスリット窓があり、自然の光で気持ちよく目覚めることができます。カーテンは天井から吊るして空間をスッキリと演出。アクセントクロスには落ち着いたグレーをセレクトしました

玄関ポーチは庇(ひさし)を大きく張り出し、木目調の軒天で堂々とした雰囲気に。両開きの玄関ドアと2本の柱をシンメトリーに配置して、バランスよく安定感のあるデザインを描きました。フロントガーデンのオリーブが白い外壁に映えています

両開きのドアを採用した、圧倒的な広さの玄関。玄関ドアの内側と外側を同じ床タイルでコーディネートしました。ホール側のタイル表面はつややかな仕上げで、エレガントな雰囲気を与えています

主寝室に併設した書斎スペースは、隠れ家のような雰囲気。造作のデスクやフローリング、窓枠の色などをダークブラウンで統一して、大人の空間を表現しています。座り心地の良いパーソナルチェアに腰かけ、趣味の時間を 満喫していらっしゃるのだとか

商品名 xevoΣPREMIUM
敷地面積 216.98m2(65.63坪)
床面積
1階
101.26m2(30.63坪)
2階
88.31m2(26.71坪)
合計
189.57m2(57.34坪)
ご入居時期 2021年4月
家族構成 ご夫妻(40代)、長女(10歳)、次女(8歳)

※掲載写真の外観・仕様・外構等については、敷地、周辺環境等の諸条件や地域の条例その他諸事情により採用できない場合があります。

家づくりを叶える
Team-xevo (チームジーヴォ)
Team-xevoとは建築士や施工技術者などの専門スタッフで構成し、お客さまがマイホームを考え始める時からご入居後も生涯にわたり、ずっとサポートするチームです。

写真左から、酒井、宮崎、石川、関

営業担当
酒井 研人
設計担当
宮崎 千尋
工事担当
石川 秀之
インテリア担当
関 紘美

※スタッフの所属はご契約当時のものです。

東京本店 住宅事業部

  • HOUSING MEISTER 上質な住まいづくりをかなえるハウジングマイスター(ダイワハウス社内認定)の資格を持つ設計士が、お客さまの夢やご希望をカタチにしました。
  • インテリアコーディネーター

家づくりの 先輩の 200以上の建築事例をご紹介

“間取り付き”実例集3冊セット無料プレゼント! お申し込みはこちら

2022年2月現在の情報となります。

[あなたと描くリブスタイルデザイン情報誌 and.y] and.y 冊子をお申し込みいただき、冊子内の限定プレゼント企画にぜひご応募ください!冊子を申し込む

LiveStyle PARTNER まずはあなたの家づくりタイプを診断する

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.