注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
  • ご相談
  • 資料請求
医院併用住宅

注文住宅・建て替えなら安心・安全・信頼のダイワハウス

獣医科 飯田獣医科医院(静岡県)

獣医科事例

仮診療所に移転せず、診療を継続しながら建て替えた動物病院。

50年以上前、お父さまが自宅敷地内で動物病院を開業し、院長は通いで勤務されていました。しかし、お父さまが他界され、医院も老朽化していたことから、お母さまと同居できる医院併用住宅に建て替えることになりました。ダイワハウスからは、工事中も移転せずに診療を続けられるプランをご提案。医療機器の移転に伴う多額の費用を抑えることができ、その分を快適な住空間づくりに使えるようになりました。

Owner's Voice

病院と住まいが一体になったので、休憩時間は2階のリビングでひと休み。事務や診察助手をしている妻は、家事を効率良く行えるので空いた時間に趣味を楽しんでいます。
息子も興味がわいたのか、自発的にお手伝いしてくれるようになりました。

地域の動物たちを見守りながら、家族の時間も育んでいく。

建て替えを決断された院長は、4 社にプランを依頼されました。「他社は敷地をいっぱいに使った大きな建物で、工事中、病院は賃貸物件への移転が前提でした」。その中で唯一、ダイワハウスは病院を移転せずに建てられる3階建てをご提案。まず、古い病院とつながっていたご実家を切り離して解体。そこに医院併用住宅を新築し、2日間のみ休業して引っ越し。
古い病院は解体して駐車場として整備し、外構工事を行って完成に至りました。医院部分は大幅に増床し、待合室や診察室はもちろん、手術室や検査処置室、入院室(犬舎・猫舎)までゆったり配置。ワンちゃんが滑りにくい床材や臭い・鳴き声対策などの配慮も飼い主さんから大好評だそう。地域の人にいっそう喜ばれる医院に生まれ変わりました。

1F 1F
2F 2F
3F 3F
1F 1F
2F 2F
3F 3F
 

獣医科事例

敷地面積:238.75m²(72.22坪)
延床面積:215.73m²(65.25坪)

1階:89.47m²(27.06坪)
2階:72.39m²(21.89坪)
3階:53.87m²(16.29坪)

医
  • 1 明るい光があふれる心地いい待合室。
  • 2 建て替え前に比べ、診察スペースを明るく広く設計。
  • 3 受付カウンターの前面は、掲示物が貼れるマグネットボード仕様。
  • 4 屋外の待合スペース前には、動物の足型を点々とつけて遊び心を演出。
  • 5 玄関スロープ横には、水飲み場や足洗い場として使える水栓を設置。
  • 6 エントランスのポーチは、待合スペースにも使えると好評です。
  • 7 ワンちゃん用の屋外待合スペース。水飲み場も設けています。
住
  • 8 キッチン、リビングとつながるダイニングが交流を育みます。

皮膚科・内科・小児科・歯科・消化器科・小児歯科・獣医科・整骨院・眼科・消化器内科・呼吸器内科・精神科・心療内科など、10事例が掲載されたカタログをプレゼント!

医療併用住宅カタログ 無料カタログを請求する

WEBで質問・相談する(無料)

展示場検索 実際の建物を見に行く

注文住宅を建てる宅地を探す

シェア このコンテンツをシェアする

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。