企業情報

ニュースリリース一覧

大和ハウス工業トップ

企業情報

2009/02/05

ニュースレター

石橋信夫記念館文化フォーラム「興隆期の日本人を描いた『竜馬がゆく』『坂の上の雲』司馬遼太郎の作品から今なにを学ぶか」

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:村上健治)は、昨年に引き続き、2009年7月11日(東京)および7月25日(大阪)に、文化フォーラム「興隆期の日本人を描いた『竜馬がゆく』『坂の上の雲』司馬遼太郎の作品から今なにを学ぶか」を開催します。

 現在、日本の政治・経済・社会は混迷を深め、先行きの見えない状況が続いており、優れた指導者の登場が望まれています。
 振り返れば我が国では幕末から明治時代にかけて、坂本竜馬、秋山好古・秋山真之などの先見性のあるリーダーが次々と現れ、新しい時代の礎を築くべく、日本のために身を捧げました。
 そこで当社では、日本と日本人を愛してやまなかった司馬遼太郎氏の『竜馬がゆく』『坂の上の雲』などに描かれた国家の興隆期の日本人の生き方から「今、私たちはどう生きるべきか」を、各界を代表する8人の論客に語っていただく文化フォーラムを開催させていただく運びとなりました。

1.フォーラムの概要

 

○東京会場

・日  時

2009年7月11日(土)午後2時~5時

・会  場

大和ハウス工業東京支社2階 大ホール

・パネリスト (順不同)

半藤 一利氏(作家・評論家)

篠田 正浩氏(映画監督)

成田 龍一氏(歴史学者)

佐伯 順子氏(比較文化研究者)

 

○大阪会場

・日  時

2009年7月25日(土)午後2時~5時

・会  場

大和ハウス工業本社2階 大ホール

・パネリスト (順不同)

塩川 正十郎氏(東洋大学総長)

田中 直毅氏 (国際公共政策研究センター理事長)

佐藤 優氏  (作家)

竹下 景子氏 (女優)

 

2.応募方法

 

  聴講をご希望の方は、下記要領にてご応募いただき、抽選の上で無料ご招待します。

  

<応募方法> 

A:ハガキに郵便番号・住所・氏名・年齢・職業・電話番号・ご希望の会場(東京会場か大阪会場のいずれか)をご明記の上、  

    〒107-0051 東京都港区元赤坂1-4-2 知性ビル

「石橋信夫記念館文化フォーラム事務局」まで

 

B:「大和ハウス工業オフィシャルホームページ」内応募フォームから送信

    URL: https://www.daiwahouse.co.jp

 

  A・Bいずれも、応募受付は2009年1月1日(木)から5月11日(月)まで

  なお、当選者の発表は受講証の発送をもって代えさせていただきます。

以上


このページの先頭へ