企業情報

ニュースリリース一覧

大和ハウス工業トップ

企業情報

2009/02/16

報道関係各位

当社分譲マンション「D’グラフォート千里中央」が

「第2回おおさか優良緑化賞」大阪府知事賞を受賞しました

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:村上健治)の分譲マンション「D’グラフォート千里中央」が、大阪府が実施する「おおさか優良緑化賞」(正式名称:大阪府自然環境保全条例建築物の敷地等緑化表彰)の「大阪府知事賞」を受賞しました。

<おおさか優良緑化賞について>

「おおさか優良緑化賞」は、大阪府自然環境保全条例等に基づいて緑化された施設のうち、府内の都市環境の改善に特に貢献する緑化や、建築物敷地内の魅力向上に資する緑化、新たな緑化手法のモデルとなる優れた取り組みを顕彰しています。今回は27件の応募の中から、「D’グラフォート千里中央」を含む3施設が大阪府知事賞に選ばれました。

 

<選定の基準>

・条例基準を大幅に上回る緑化が行われたもの

・建築物や周辺環境に調和した緑化が

行われているもの

・スペースを有効利用しているもの

 

・敷地外部への公開性の高いもの

・新技術を積極的に採用しているもの

・都市の魅力向上に資するもの

 

1.専門家の意見を取り入れた緑化計画

D’グラフォート千里中央」は、敷地内と「屋上庭園」部分に地域の植生に近い緑化を行った分譲マンションです。緑化計画は、株式会社白井隆庭園都市計画事務所に依頼しました。植物生態学者の宮脇 昭 横浜国立大学名誉教授が提唱する「ふるさとの森」の視点を取り入れ、地域に昔から自生する、周辺環境になじみやすい樹木を中心に選定しています。大阪府北部の千里・箕面に古くから自生するイロハモミジ・シラカシ・タブノキ・シイノキ・ヤマブキ・ムラサキシキブなど、250種類、約3,000本を植樹しました。

日光が当たりにくいエントランスホールの植栽には、太陽光を自動追尾するシステムを導入し、効率的な採光を可能にしました。

2007年12月8日には植樹祭を開催し、宮脇教授の指導のもと、入居者の皆様にもご参加いただいて、敷地内に樹木を植えました。

 

2.環境に配慮した当社の分譲マンション

当社は自然環境との共創共生を図る「自然と調和した街」づくりを進めており、分譲マンションにもその考え方を導入しています。

D’グラフォート千里中央」は、財団法人建築環境・省エネルギー機構が認定する「平成19年度環境共生住宅『個別供給型』」において、大規模な複合用途の建物として日本で初めての認定を受けました。

その他、環境配慮の分譲マンションとしては、埼玉県越谷市の越谷レイクタウン内で、集合住宅として日本最大規模の太陽熱利用システムを採用し、環境省の「街区まるごとCO220%削減事業」第一号に認定された「D’グラフォートレイクタウン」などを販売しています。

また、地域環境に配慮した緑化を行っている分譲マンションには、約1,000坪の庭園にさまざまなテーマで植栽を施した「D’グラフォート東札幌」(北海道札幌市)や、敷地内に生育していたメタセコイアの大木を保存し、地域の緑資産の継承に努めている「プレミスト南千里」(大阪府吹田市)などがあります。

 

<建物の概要>

名称

D’グラフォート千里中央

所在地

:大阪府豊中市新千里西町1-1-10

交通

:北大阪急行「千里中央」駅より徒歩4分

構造・規模

:鉄筋コンクリート造 地下2階地上20階(59.8m)建 総戸数589戸

敷地面積

10,496.76㎡

延床面積

79,624.15㎡

設計

:株式会社 アール・アイ・エー

施工

:株式会社 竹中工務店

管理

:株式会社 ダイワサービス

以上


このページの先頭へ