企業情報

ニュースリリース一覧

大和ハウス工業トップ

企業情報

2010/02/04

ニュースレター

石橋信夫記念館文化フォーラム「前途混迷の現代を生き抜くため 戦国武将の知恵から今なにを学ぶか」

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:村上健治)は、2010年7月10日(東京)および7月24日(大阪)に、2008年より実施し、今年で3回目となる文化フォーラム「前途混迷の現代を生き抜くため 戦国武将の知恵から今なにを学ぶか」を開催します。

 世界金融危機後、日本経済は先行き不透明な状況が続き、将来の生活に対する国民の不安感が増しています。このような世の中にこそ、時代を牽引する優れたリーダーの登場が望まれています。
 振り返れば戦国時代に活躍した織田信長・豊臣秀吉・徳川家康などの武将は、リーダーとしての資質・知能・戦略に優れ、家臣からの人望も厚く、洞察力や判断力に長けていました。そのため、乱世に生きたリーダーたちの知恵や人を惹きつける力、リーダーシップなどが今も語り継がれ、我々に人生の指針を示してくれます。
 そこで当社では、戦国武将の知恵から「私たちは今なにを学び、どう未来を切り拓いていくべきか」をテーマに、各界を代表する7人の論客に語っていただく文化フォーラムを開催させていただく運びとなりました。

1.フォーラムの概要

 

  ○東京会場

・日  時

2010年7月10日(土)午後2時~5時

・会  場

大和ハウス工業東京支社2階 大ホール

・パネリスト (順不同)

松平 定知氏 (アナウンサー)

小和田 哲男氏(歴史学者)

黒鉄 ヒロシ氏(漫画家)

鈴木 由紀子氏(作家)

○大阪会場

・日  時

2010年7月24日(土)午後2時~5時

・会  場

大和ハウス工業本社2階 大ホール

・パネリスト (順不同)

松平 定知氏 (アナウンサー)

童門 冬二氏 (作家)

田端 泰子氏 (歴史学者)

加来 耕三氏 (歴史家)

 

2.応募方法

 

聴講をご希望の方は、下記要領にてご応募いただき、抽選の上で無料ご招待します。

  

<応募方法> 

A:ハガキに郵便番号・住所・氏名・年齢・性別・職業・電話番号・ご希望の会場(東京会場か大阪会場のいずれか)をご明記の上、  

107-0051 東京都港区元赤坂1-4-2 知性ビル

「石橋信夫記念館文化フォーラム事務局」まで

 

B:「大和ハウス工業オフィシャルホームページ」内応募フォームから送信

URL: https://www.daiwahouse.co.jp

 

A・Bいずれも、応募受付は2010年5月24日(月)まで

なお、当選者の発表は受講証の発送をもって代えさせていただきます。

 

※ご聴講の方全員に、大和ハウス工業会長樋口武男の著書『「石橋信夫」という生き方』(文春新書)を差し上げます。

以上


このページの先頭へ