企業情報

ニュースリリース一覧

大和ハウス工業トップ

企業情報

2011/07/27

ニュースレター

アメリカ・LACP主催2010世界アニュアルレポートコンテスト 当社「アニュアルレポート2010」が総合トップ100部門で世界第8位

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)が、毎年発行している年次報告書「アニュアルレポート2010」(英語版)が、LACP※主催のアニュアルレポートコンテスト ≪2010ビジョン・アワード≫の"総合トップ100"部門で世界第8位となりました。
 800団体・5,000件以上(前年4,000件以上)の中からの受賞となり、昨年の世界第20位から大きくランキングをあげました。
 また、"不動産・REIT"部門では7年連続世界第1位となり(過去、部門別で1位を獲得した日本企業は当社のみ)、インハウス(社内制作チーム)部門でも、世界第1位に選ばれました。

※LACP(League of American Communication Professionals)
アメリカの団体。企業、NPO、教育団体、政府機関など、あらゆる団体のコミュニケーション活動の実践向上の促進を目的に、2001年に設立。ビジョン・アワードは2001年から開始し、今回で9回目。アニュアルレポートは、欧米では最も権威のある企業ツールとして位置づけられ、グローバル市場に参入する企業にとって重要なツールであります。

【LACPによる当社アニュアルレポートの講評(抜粋)】

大和ハウス工業の今年度のアニュアルレポート("May I Heart You?”)は、厳しいコンテストの中にあっても、際立っており、注目に値するレポートです。2010年ビジョン・アワードには、20数カ国、800を超える団体より、5,000件以上の応募がありました。

最高得点100点のうち99点を取得したことから、総合的に見て、今回の当レポートは、卓越(Outstanding)したレベルにあります。当レポートの第一印象は秀逸(Exceptional)であり、表紙は卓越(Outstanding)した内容となっています。株主への手紙については、秀逸(Exceptional)の評価を受け、レポートの文体は、卓越(Outstanding)の評価を受けています。堅調な財務状況に裏打ちされた内容も秀逸(Exceptional)でした。

大和ハウス工業株式会社の今回のレポートに見られる創造性は、卓越(Outstanding)したレベルであり、それを裏打ちするものとして、鍵となるメッセージが、秀逸(Exceptional)なレベルで明確に伝えられています。読者が容易に重要な情報に到達できるかという評価も卓越した(Outstanding)レベルであることを申し添えます。

最後に、当レポートの制作に携わったチームのすべての方にお祝いを申し上げます。当レポートが、今年の不動産・REIT部門における最高のアニュアルレポートであると位置づけています。

 

受賞結果は、WEB上でも公開されています。

2010  ビジョン・アワード・ホームページアドレス

 http://www.lacp.com/2010vision/competition.htm

 

2010  ビジョン・アワード トップ100一覧

 http://www.lacp.com/2010vision/top-100.htm

 

2010  ビジョン・アワード アジア太平洋地域トップ50一覧

 http://www.lacp.com/2010vision/top-50-asiapac.htm

 

2010 ビジョン・アワード「不動産・REIT部門」結果

 http://www.lacp.com/2010vision/real-estate-reit-high-revenue.htm

 

2010 ビジョン・アワード「インハウス部門(世界全体)」結果

 http://www.lacp.com/2010vision/inhouse.htm 

 

2010 ビジョン・アワード「インハウス部門(アジア太平洋地域)」結果

 http://www.lacp.com/2010vision/inhouseapac.htm

 

アニュアルレポート2010   https://www.daiwahouse.com/groupbrand/ar/

以上

このリリースの画像をダウンロードする。


このページの先頭へ