企業情報

ニュースリリース一覧

大和ハウス工業トップ

企業情報

<報道資料>

平成15年7月17日

建築家とコラボレーション
「EDDI's House(エディズハウス)」の敷地対応力を向上



 当社は、平成15年7月25日より、デザイナーズ住宅商品「EDDI's House(エディズハウス)」のバリエーションを拡充、狭小地など敷地への対応力を向上させます。
 「EDDI's House」は、商品開発段階でデザイナーに建築家の鈴木エドワード氏を起用し、建築家によるデザイン性と、工業化住宅が誇る品質の信頼性・安定性とを融合させた商品として、平成14年10月1日に発売しました。
 白と黒のモノトーンによるシンプルでモダンなボックスシルエット、インターフェースを介して自然の風や光を家の中に取り込んだ内部空間の演出など、洗練されたデザインに対する反響は大きく、建築を検討されるお客様向けのホームページ会員組織「EDDI's CLASS(エディズ クラス)」への登録も1,800件を超えています。
 ただ、これまでは建物シルエット、プランの数が少なかったため敷地対応力が低く、そのために建築を断念されるお客様もいらっしゃいました。
 そこで、本年5月末よりホームページにて開発途中のプランを公開、お客様からのご意見を募り、そのご意見を取り入れながら新規追加タイプ・プランを決定。このたび現行の5タイプに、都市部向け狭小間口タイプを追加、さらにそれぞれのタイプについて建物シルエットやプランを拡充し、全6タイプ、36プランとすることにより、多様な敷地への建築を可能としました。

【開発背景のポイント】
  1. 都市部に多い狭小間口の敷地に対応するタイプを新規に設定しました。
  2. 従来は、全てのプランが南入り玄関のみであり、建物シルエットの選択幅も狭かったことから、敷地の条件によって建築できない場合が多くありました。そこで、ホームページ上で募集したお客様のご意見をもとに、ニーズの高かったプランバリエーションを追加しました。


【都市部向け狭小間口対応タイプの新規設定】
WEBサイト上にて公開しました開発プラン3タイプの内、約半数の支持を得ました、間口寸法が5.5メートル強の、都市部に多い狭小間口に対応するタイプを新規に設定。
※従来は「インナーパティオ」「中庭」「ガレージ付」「2階バルコニー」「二人の家」の5タイプ

都市部向け狭小間口対応タイプの新規設定PDF


【多様な敷地に対応するためのプラン追加】

1. 玄関位置バリエーションの追加
現行: 各タイプ南入り玄関のみ
追加: 「インナーパティオ」「中庭」「ガレージ付」「狭小間口対応」タイプに、北入り・東西入り玄関タイプを用意
玄関位置バリエーション追加(中庭タイプ北入り玄関911)PDF

2. 狭小地対応の建物シルエットバリエーションを追加
現行: 各タイプに対してひとつの建物シルエットのみみ
追加: インナーパティオタイプに間口・奥行きを縮めた3シルエットを追加、同じく中庭タイプに1シルエットを追加
狭小地対応の建物シルエットバリエーション追加(インナーパティオタイプ東西入り玄関910)PDF


【商品概要】
・販売開始日 平成15年7月25日
・販売地域 関東地区、中部地区、近畿地区、中国地区、四国地区、九州地区
※一部販売エリアとならない地域があります
・タイプ・プラン数 6タイプ36プラン
・お客様お問い合わせ先 エディズハウスコンタクトセンター
フリーダイヤル 0120-590956

EDDI's House(エディズハウス)のホームページ http://www.dh-direct.com/




このページの先頭へ