Daiwa House Group

仮住まい選びと費用

仮住まい選びと費用

建て替えの場合、旧居の取り壊しから新居ができあがるまでの間、仮住まいが必要になります。仮住まい選びのポイントと、かかる費用をチェックしておきましょう。

仮住まい選びのポイント

POINT 01

物件探しは早めにスタート

「仮」の住まいですから、多少の不便は我慢。とは言え、できるだけ良い物件を見つけられるよう、早めにスタートしましょう。安心・安全・快適なダイワハウスの【賃貸住宅 D-room】をメインに紹介しているサイトをご活用ください。
D-roomなら設備も充実しているので、新居での生活がイメージしやすいかもしれません。

ダイワハウスの賃貸【賃貸住宅 D-room】

POINT 02

トランクルームを活用

今の家財道具全部を収容できる仮住まいを条件にすると、床面積が広くなる分、家賃が高額になってしまいます。トランクルームを利用して、普段使わない物を預けておくのもおすすめです。

仮住まいにかかる費用

仮住まいとして借りる場合も、通常の賃貸住宅と同様、敷金や礼金などが発生します。事前にかかる費用をチェックして、予定しておきましょう。ダイワハウスの【賃貸住宅 D-room】なら、敷金・礼金ゼロの物件もありますので、条件に合う物件が見つかればオトクです!

費用の一例

敷金 通常、家賃の1~2カ月分。退去時、修繕費等を差し引いて返還されます。
礼金 通常、家賃の1~2カ月分。敷金と違って返還されません。
家賃 通常、月末に翌月分を支払う前払い方式。月途中の場合は日割計算になります。
共益費 家賃と併せて、毎月支払います。マンション・アパートの共用部分の維持管理費に充当されます。
仲介手数料 通常、家賃の1カ月分。不動産仲介会社を通じて、賃貸契約を行う場合に支払います。
住宅保険料 失火・漏水などに備えて、多くの場合、住宅保険へ加入します。年単位の契約になりますので、途中解約の場合は返戻金があります。
鍵交換代 物件により必要なケースがあります。契約前に確認しましょう。
クリーニング代 金額は、退室時の汚れ具合などにより異なります。多くの場合、敷金から差し引かれます。

メッセンジャー

メッセンジャーを使用すれば住まいづくりスタッフや事務局にインスタントメッセージを送ることができます。
お困りごと、ご質問はメッセンジャーを活用ください。

メッセンジャーを使用する

※ログインが必要です。

オーナー様の声

  • ヒロちゃん58さん

    私の場合は、建て替えでしたので、アパートを5か月間借りていました。
    荷物も多かったので、3LDKをURさんで借りて・・・一部屋を荷物部屋にしていました。

    この内容が含まれている投稿をみる

  • ミーナハウスさん

    家電、日用品、飾り物、釣り竿、ギター、洋服、その他等々を断捨離断行してから、引っ越してきました。
    おかげで、現在家の収納場所は、ガラガラ状態で全て整理が付きました。

    この内容が含まれている投稿をみる

オーナーズQ&A

オーナー様同士でお住まいに関するお悩みの相談や情報交換ができる「オーナーズQ&A」で他のオーナー様に質問してみませんか?

※掲載している内容は、一般的な項目となります。お客様により内容は異なります。詳しくはダイワハウスの担当者にご確認ください。

ご入居までの予定を管理するには「住まいスケジュール」の登録がおすすめです!

手続きなどの予定を「フリーワードで設定する」からご入力いただくと、設定した日にメールが届きます。