大和ハウス工業株式会社

DaiwaHouse

ご挨拶

~中長期を見据えた成長基盤の構築により世界各国での事業展開を加速~

大和ハウス工業は1955年、「建築の工業化」を企業理念に創業しました。鋼管構造による創業商品「パイプハウス」をはじめ、プレハブ住宅の原点「ミゼットハウス」などを開発。以来、弊社は一貫して“多くの人の役に立ち、喜んでいただける商品開発やサービスの提供”に努め、世の中に必要とされる企業であることをすべての起点としてきました。これまで、戸建住宅をコア事業に、賃貸住宅、分譲マンション、商業施設、事業施設(物流施設、医療・介護施設等)、環境エネルギーなど幅広い事業領域で活動しており、住宅(戸建住宅・賃貸住宅・分譲マンション)187万戸、商業施設4万5千棟、シルバー施設(医療・介護施設など)9千棟を供給してきました。また、リフォームや買取再販事業などの住宅ストックビジネスの強化とともに、かつて開発した戸建住宅団地の再耕(再生)事業「リブネスタウンプロジェクト」にも取り組んでいます。

現在は、「人・街・暮らしの価値共創グループ」として、事業の川上から川下まで一気通貫の提案を可能とするグループ力で、絶えず変容する社会の要請に応えるため、国内のみならず海外においても地域に密着した事業を推し進め、弛まぬ努力で新たな価値創造に挑戦しています。

2022年度から始まる「第7次中期経営計画」は、これまで3カ年計画だったものを5カ年と期間を長く定めています。環境問題、労働人口の減少、デジタル化の加速など経営環境が目まぐるしく変化していくものと予測される中、この5年で将来を見据えた持続的な成長基盤の構築を図っていきます。

特に、北米・欧州・オセアニア・ASEAN諸国など世界各地において展開する事業を加速するとともに、カーボンニュートラルの達成に向けたZEHやZEBの提案などを推進し、サステナブルな社会の実現を目指します。

 新型コロナウイルス感染症の拡大により、社会の在り方、人々の暮らし、既存の価値観が大きく変化する中、弊社は創業以来培ってきたパイオニア精神のもと、常に先の先を読んだ事業を拡充し、新たなニーズをとらえた価値を創出することで社会に貢献していきます。

2022年4月

代表取締役社長 芳井 敬一

「役員紹介」はこちらから