大和ハウス工業株式会社

DaiwaHouse

消費者志向自主宣言

私たちは、創業以来、“多くの⼈の役に⽴ち、喜んでいただける商品開発やサービスの提供”に努め、世の中に必要とされる企業であることをすべての起点としてきました。「⼈・街・暮らしの価値共創グループ」として、常に先の先を読んだ事業の拡充に邁進するとともに、新たなニーズをとらえた社会価値の創出により、サステナブルな社会の実現に向けて貢献していきます。

2022年3月
⼤和ハウス⼯業株式会社
代表取締役社⻑/CEO
芳井 敬⼀

1. 理念

「共に創る。共に生きる。」
私たちは、事業を通じて社会と共にあること、そして商品やサービスを通じ、暮らす⼈と共にあること。 この「共創共⽣」の姿勢を持ち続け、誠実に社会と向き合うことが⼤切であると考えています。

2. コーポレートガバナンスの確保

私たちは、社会に信頼される企業であり続けるため、コーポレートガバナンスを経営上の重要課題と位置づけ、的確かつ迅速な意思決定・業務執⾏体制ならびに適正な監督・監視体制の構築を図るとともに、多様な視点、⻑期的な視点に基づいたコーポレートガバナンス体制を構築することを基本姿勢としています。

3. 従業員の積極的活動

私たちは、「従業員が⽣活者やお客さまと直接のコミュニケーションを⾏う」という業態上の特徴をふまえ、お客さま⼀⼈ひとりとの永遠の絆を⼤切に、⽣涯にわたり喜びを分かち合えるよう、ステークホルダーの皆さまとの活発なコミュニケーションを通じて、社会からの期待や要請に応えるとともにサステナブルな社会の実現を⽬指します。

4. 事業関連部⾨と品消法関連部⾨の有機的連携

私たちは、アフターサービスで得られた情報はCS 統括部⾨が集約のうえで各部⾨へのフィードバックを⾏い、商品開発や品質保証の体制や仕組みの改善につなげています。

5. お客さまへの情報提供

私たちは、住まいに関するご要望のコンシェルジュ窓口として「ダイワハウスお客さまセンター」を設け、各事業所と一体となり定期点検のご案内やメンテナンスサポートを行っています。さらに、ハウスクリーニングからリフォーム、転居にともなう自宅の売買・賃貸・引越しまで、グループの総合力で対応しています。

6. 消費者・社会の要望を踏まえた対応

私たちは、「世の中の役に⽴つ」ために事業を⾏い、重点課題の筆頭に「社会課題を起点とした事業機会の拡⼤」を掲げています。「何が求められているか」を真摯に考え、時代の先の先を⾒据えつつ、社会課題の解決を企業価値の向上につなげてまいります。