大和ハウス工業株式会社

DaiwaHouse

第8回 大和ハウス工業が優先的に取り組むべき社会的課題

社内検討会議

社内検討会議の進行

社内検討会議では、当社のCSR部門に関係の深い役員4名がステークホルダーの皆さまに決定していただいた順位を参考に重要度を検討しました。
また、会議では当社における現状の取り組みと今後の課題、社会的課題を踏まえ議論を行いました。

マテリアリティマップ

縦軸をステークホルダーの重要度(ステークホルダーミーティングの結果)、横軸を当社の重要度(社内検討会議の結果)とし、双方の順位を踏まえた重要度を整理しました。

マテリアルマップ

社内検討会議において重視された観点は主として3つ(1.持続可能性 2.人の重要性 3.リーディングカンパニーとしての存在)となっており、それぞれの補足説明は下記のとおりです。

社内検討会議で重視した視点

  • 持続可能性(サステナビリティ)
    裾野が広い住宅産業を牽引する企業として、持続可能な社会の実現へ貢献すると共に、自社が継続して事業活動を行っていくことが重要であると考えています。 当社の事業活動は地球規模の問題に対する期待に応えながら、我々の直接のお客さまの満足・期待にも応えていくものでなければなりません。これまで以上に「社会(=ステークホルダー)」へ及ぼす影響について十分に考慮しながら事業を行っていく必要があります。
  • 「人」の重要性
    事業活動のプロセスを考えると、従業員の能力・意識が大きく関わっています。例えば対内的には雇用、育成における多様性や、従業員一人ひとりがいきいきと仕事ができる環境の整備が重要であると考えています。これらは製品の安全やアフターサービスにも直結するものです。
    また対外的には、地域密着型の事業、スマートシティなどの構築にあたり、当社従業員と地域住民の皆さまとの積極的な相互連係がさらに不可欠なものとなっています。
  • リーディングカンパニーとしての存在
    業界のリーディングカンパニーとして、社会へのマイナスの影響に対応するだけでなく、社会からのプラスの期待にも応えていかなければなりません。そのため、地球温暖化を初めとする環境問題、バリューチェーンにおけるCSRの課題などに対して、当社の強みを活かした取り組みが求められていると考えています。

今後の取り組み

今回作成したマテリアリティマップは、第3次中期経営計画(2011~2013)に合わせ、2013年度までCSR活動の改善・推進に活用します。
今後の取り組みとしては、まず2006年度から弊社独自の取り組みとして導入している「CSR自己評価指標」を、このマテリアリティマップをもとに改定し、ISO26000を意識した取り組みや改善を行っていきます。
次に、CSR推進における部門横断組織を立ち上げます。これはISO26000やその他のCSRに関する事項について、情報を共有し、全社での改善や推進に結び付けていくものです。

今後の取り組み

第8回:「大和ハウス工業が優先的に取り組むべき社会的課題」

個人のお客さま

住まいを探す

大和ハウスグループの住まいを探す

(土地情報 / 新築・中古一戸建て / 新築・中古マンション)

法人のお客さま