大和ハウス工業株式会社

DaiwaHouse

2024/05/09

ニュースレター

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 芳井 敬一
大阪市北区梅田3-3-5

●最大300億円の人的資本投資

社内起業制度「Daiwa Future100」を開始

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、2024年6月より人的資本投資の一環として最大300億円を投じ、社内起業制度「Daiwa Future100(ダイワフューチャーワンハンドレッド)」の運用を開始します。

 当社は、創業100周年となる2055年の“将来の夢”(パーパス)実現に向けて、「第7次中期経営計画」では人的資本の価値向上のため、従業員の複線的な成長機会の提供に努めています。その一環として、当社は将来の大和ハウスグループを担う人財の育成や、挑戦する組織風土の醸成のために、社内起業制度「Daiwa Future100」を設立することとしました。

 「Daiwa Future100」では、新入社員からベテラン社員、役員まで年齢や職位に関わらず、国内外のグループ会社全従業員約5万人(※)を対象とします。新規事業開発の実績が豊富な外部パートナーと連携して事業検証ができる制度とすることで、事業開発の確度や質を高めるだけではなく、既存事業の延長線にとらわれない事業創出を目指します。新会社の設立にあたっては、起案者自らが社長となり、事業化および事業成長を進める方針です。本制度の導入により、失敗を恐れず、イノベーションの創出を生み出す組織風土を醸成するとともに、将来の大和ハウスグループを形成する「事業群」の創出を期待しています。

 今後も大和ハウスグループでは、社是に掲げている「事業を通じて人を育てる」に基づき、社員一人ひとりの成長の場の創出を通じて「個」と「組織」の力を最大化させながらイノベーションの基盤づくりを進め、「生きる歓びを分かち合える世界の実現」を目指していきます。

※パートやアルバイトを除く、正社員が対象です。

●社内起業制度「Daiwa Future100」の概要

制度名

社内起業制度「Daiwa Future100」

対象者

大和ハウスグループの従業員約5万人

提案領域

業種、テーマなどは特に制限なし

(当社の経営理念と経営方針を逸脱しない分野)

予算総額

最大300億円

予算使途

事業検証および会社設立・運営費用

スケジュール

(予定)

2024年6月上旬 :応募開始 

2024年12月下旬:最終審査

2025年1月~   :事業検証開始

※以後、予算到達まで継続実施予定

以上

大和ハウス工業トップ

個人のお客さま

住まいを探す

大和ハウスグループの住まいを探す

(土地情報 / 新築・中古一戸建て / 新築・中古マンション)

法人のお客さま