大和ハウス工業株式会社

DaiwaHouse

DXアニュアルレポート2021

バックオフィスのデジタル化

執行役員(情報システム部門担当)
松山 竜蔵

DX実現のために着実に歩んでいく

私たち情報システム部門は、当社のDXを実現するために、出社を必要としない新たな業務フローの確立や、ITインフラの整備などを行う「バックオフィスのデジタル化」を推進しています。
2021年度は当社が国内事業の業務執行体制を7つの事業本部に再編成したことから始まりました。それに即して、情報システム部門も各事業本部とより一層の連携と、迅速なビジネス価値の創出を可能とするため、新たな業務執行体制を敷きました。また、今年度は第6次IT中期計画(*1)の最終年度であることから、各施策の到達点を明瞭にし、目標に向かって着実に進めています。一方で、次年度から始まる第7次IT中期計画についても、関係部門と協議を行いながら計画を組み上げている段階です。
今後は当部門が掲げているスローガン「もっとデジタルに」「もっとグローバルに」「もっと楽しく」を胸に、「バックオフィスのデジタル化」を通じて当社のDXをさらに加速していきます。

(*1)第6次IT中期計画:当社が定める第6次中期経営計画をふまえ、当部門の方針や重点実施策を定めたもの

当社は2019年5月に第6次中期経営計画の一つとして「働き方改革および技術基盤整備」に1,000億円を投じることを掲げました。そのなかで情報システム部門では、2019年度から2021年度までを第6次IT中期計画として、働き方改革とデジタル化を進めています。(図1)

「働き方改革および技術基盤整備」を行っていくためには「人海戦術からの脱却」、「業務の確実性向上」、「社員の充実感向上」が重要と考え、「バリューチェーンのデジタル化」と「バックオフィスのデジタル化」に取り組んでいます。
「バックオフィスのデジタル化」では、「テレワーク推進プロジェクト」、「コミュニケーション変革」、「業務システムの刷新」、「情報セキュリティ対策の強化」、「グループ会計ガバナンスの強化」などを推進しています。

ほかにも、業務効率化のための「RPA」やニーズに柔軟・迅速に対応するための「ローコード開発」に取り組んでいます。

図1:第6次中期経営計画の投資計画(2020.6 修正)

バックオフィスのデジタル化コンテンツ紹介

テレワーク推進プロジェクト

テレワークにより新しい働き方を実現し、企業としての持続的な成長につなげます。

詳しく見る

コミュニケーション変革

コミュニケーションの活性化・情報伝達のスピードアップ・蓄積された社内情報の有効活用に重点を置き、個人の情報武装を実現します。

詳しく見る

業務システムの刷新

当社グループにおける「事業の多角化・ビジネス成長」、「営業スタイルの変革」、「働き方改革への対応など社内外の環境変化」に迅速に対応できるシステムへと刷新します。

詳しく見る

情報セキュリティ対策の強化

「情報セキュリティリスク」について、経営層・現場・情報システム部門が三位一体となって情報セキュリティ対策に取り組みます。

詳しく見る

グループ会計ガバナンスの強化

全グループ会社の会計情報を取引明細レベルでリアルタイムに捉え、可視化・分析することで、「経営層での迅速な意思決定」につなげていきます。

詳しく見る

個人のお客さま

住まいを探す

大和ハウスグループの住まいを探す

(土地情報 / 新築・中古一戸建て / 新築・中古マンション)

法人のお客さま