大和ハウス工業株式会社

DaiwaHouse

DXアニュアルレポート2021

バックオフィスのデジタル化

テレワーク推進 プロジェクト

テレワークにより新しい働き方を実現し、
企業としての持続的な成長につなげます

目的、ビジョン

テレワーク推進プロジェクトの目的は、テレワークにより新しい働き方を実現し、企業としての持続的な成長につなげることです。出社を前提としない働き方を、有事の時にはもちろん、恒常的にも実現することで、事業継続性を高めるだけでなく、生産性を向上させ、社員一人ひとりのエンゲージメントを高めていくことを目指しています。

昨今の主な取り組み

テレワーク推進プロジェクトは、2019年6月にコアプロジェクトを発足し、推進ロードマップを策定。2020年9月には新しい働き方としてテレワークを推進することを全社員に通達しました。在宅勤務やサテライトオフィス勤務、現場やお客さまのところへ直行直帰するリモート勤務とし、全員が勤怠管理システム上で日常的に申請して活用できるように定めました。さらに、働く場所の選択肢を拡大するための環境整備として、ITインフラの整備、オフィス改革、ペーパーレスを前提とした業務の仕組みへの見直しなどを段階的に進めました。また併せて、働く時間の柔軟性を高めるためフレックスタイム制度も導入しました。さらに、上司と部下の間の対面でのコミュニケーション減少を補い、コミュニケーションの質を高める1on1ミーティングの促進を開始しました。

PDCAサイクルによる継続的な改善

個人のお客さま

住まいを探す

大和ハウスグループの住まいを探す

(土地情報 / 新築・中古一戸建て / 新築・中古マンション)

法人のお客さま