土地活用ラボ for Biz

土地活用ラボ for Biz

最新コラム

  • 「物流施設の機能強化」で多くの新規施策が提唱される 2017年7月に閣議決定された、「総合物流施策大綱」に基づいて具体的施策を取りまとめた「総合物流施策推進プログラム」について、その進捗と振り返りとして
  • 官民連携による廃校活用で地域活性化 廃校の活用事例の中には、地元企業を誘致することで、地域活性化につなげている取組も多くあります。そのような事例を、文部科学省が編集した「廃校施設活用事
  • ロジスティクスソリューションフェア2019 2019年8月27日(火)~28日(水)、東京ビッグサイト西3ホールにて、「ロジスティクスソリューションフェア2019」が、公益社団法人日本ロジスティクスシステム
  • 大和ハウスグループが提供する、デジタルロジスティクス時代のトータルサービス 大和ハウス工業が物流施設を数多く手掛けていることをご存知の方も多いと思いますが、現在、223棟、延べ床で約200万坪の開発実績があり
  • 協業によって、新たな知見を生み出す 私たちには、自分たちが運営に関わっている物流センターがあります。そこでカメラを設置したり、音を録音したり、物流に関係のあるプロセスにおいて
  • 拡大するインフラツーリズム ダムや橋梁、道路などの公共施設を観光資源と位置付けて現地を見学するインフラツーリズムがいま、注目されています。国は2017年度に年間約50万
  • 「VR」「AR」 不動産の物件選択は、実際に現地で確認することが基本。しかしITの進展により、居ながらにして部屋の間取りなどが体感できるようになりました
  • 地域の「よりどころ」として校舎を再活用 廃校の再生事例としては、学校施設の特性を生かして、大学のオープンキャンパスや各種訓練施設としての再利用が多くみられます。また、廃校以前から地域住民が多く集う施設
  • サプライチェーン効率化のために付加価値を生む物流へ 2017年7月に閣議決定された、「総合物流施策大綱」に基づいて具体的施策を取りまとめた「総合物流施策推進プログラム」について、その進捗と振り返りとして、2019年3月

おすすめコラム

  • AIで物流に革命を フレームワークスは、大和ハウス工業のDPL流山の中で「PoC(Proof of Concept)」をやっています。まずはカメラをたくさん使って実証実験を行います。業務プロセスの
  • 所有者不明土地の解消は進むか 国土交通省はこのほど、所有者が不明で利用方針のメドが立たない問題について対策を推進していくための工程表をまとめました。バブル期に制定された土地基本法
  • 廃校となった校舎を活用した地域活性化事例 近年、少子化による児童生徒数の減少や市町村合併などの影響により、公立学校が、毎年500校程度廃校となっており、文部科学省によれば、平成14年度か
  • 大和ハウス工業 主催 「物流IoT・AIセミナー」 物流におけるIoTやAIの導入に関する関心が高まる中、2019年7月10日(水)に、大和ハウス工業 名古屋支社において、物流に関する最新の情報と大和
  • J-REITと私募ファンド 資産運用型J-REITと私募ファンドの代表選手が、今回取り上げる不動産ファンドのJ-REITと私募ファンドです。近年はその中間である「私募REIT」も
  • 商用化進むか、ドローン物流 少子高齢化による社会構造の変化や運転手の人手不足などで物流業界はいま、様々な課題を抱えています。こうした課題を解決または改善するため

注目ランキング

  • No.1
    地域の「よりどころ」として校舎を再活用 廃校の再生事例としては、学校施設の特性を生かして、大学のオープンキャンパスや各種訓練施設としての再利用が多くみられます。また、廃校以前から地域住民が多く集う施設
  • No.2
    サプライチェーン効率化のために付加価値を生む物流へ 2017年7月に閣議決定された、「総合物流施策大綱」に基づいて具体的施策を取りまとめた「総合物流施策推進プログラム」について、その進捗と振り返りとして、2019年3月
  • No.33
    誕生の背景を探る 不動産とテクノロジーを掛け合わせた造語「不動産テック」が、いま注目を集めています。金融とITを融合した「フィンテック」が登場して以来、様々な産業分野で先進の

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Biz メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ