土地活用ラボ for Biz

土地活用ラボ for Biz

最新コラム

  • 国交省が「企業不動産の利活用ハンドブック」を公表 人口減少に少子高齢化、インフラ老朽化など、地域社会を巡る課題が山積しています。国土交通省はこのほど、地域社会が抱える課題の解決に向けて企業不動産
  • 開発型の不動産証券化 開発型の不動産証券化は、資産流動化型や資産運用型のように、既存の不動産を対象にしたものではなく、これから建設を予定している不動産を証券化して
  • 日本における「スマート農業」の推進 農林水産省の「平成29年度 食料・農業・農村の動向」によれば、ここ10年の全若手農家(若手農家:49歳以下の基幹的農業従事者がいる販売農家)の経営耕
  • 事業承継計画の策定のステップ 事業承継を円滑に進め成功に導くためには5つのステップに従って、事業承継計画書(売上高・経常利益・借入金残高・必要資金・企業防衛制度等、資本政策等)
  • プラットフォームによって社会の役に立つ 物流に関していえば、例えば、伝票の統一のように、普通にやればいいことがまったく進んでいません。これは仕方がないことだと思います。電気のコンセントも世界中で
  • 海外における「スマート農業」の先進事例 ~米国~ まず、世界の穀物生産、消費の動向と米国の位置付けを見てみます。なお、穀物とは小麦、大麦、とうもろこし、米などのイネ科の農作物ですが、ここでは
  • この千載一遇の好機を見逃さないために フレームワークスの秋葉淳一氏がホスト役となり、株式会社ローランド・ベルガー プリンシパル 小野塚征志氏をゲストにお迎えし、ロジスティクス業界
  • 国交省が四半世紀ぶりに「不動産業ビジョン」策定 国土交通省は2019年4月、約四半世紀ぶりに「不動産業ビジョン」を策定しました。不動産業に関わる全ての関係者が、業界の持続的な発展に向けて取り組む
  • 贈与者と受贈者の範囲が拡大 特例事業承継税制では、贈与者と受贈者の範囲が拡大しました。例えば、先代経営者から一括贈与された場合の後継者は、特例認定贈与承継会社の先代経営者以外から

おすすめコラム

  • この千載一遇の好機を見逃さないために フレームワークスの秋葉淳一氏がホスト役となり、株式会社ローランド・ベルガー プリンシパル 小野塚征志氏をゲストにお迎えし、ロジスティクス業界
  • 資産運用型の不動産証券化 資産運用型の不動産証券化では、資産流動化型のように不動産の所有者(オリジネーター)は存在しません。SPC(特別目的会社)が投資家などから資金を集めて
  • 海外における「スマート農業」の先進事例 ~オランダ~ 今回は、海外における「スマート農業」の先進事例のうち、近年注目を集めているオランダの取組について、ご紹介します。まずは、オランダの実態を押さえておきま
  • 複数株主から複数後継者への贈与税の取扱 特例事業承継税制では先代経営者からの贈与等を条件に、先代経営者以外の株主からでも贈与でき、かつ特例後継者は特例後継計画に記載された3人まで認められます
  • ロジスティクス4.0の世界 フレームワークスの秋葉淳一氏がホスト役となり、株式会社ローランド・ベルガー プリンシパル 小野塚征志氏をゲストにお迎えし、ロジスティクス業界にイノベーションを
  • 資産流動化型の不動産証券化 企業が資産を有効に使って経営効率化を図るために非常に効果的な存在といえるのが、不動産証券化です。経営資源は有限であり、企業の資産は有効活用して

注目ランキング

  • No.1
    海外における「スマート農業」の先進事例 ~米国~ まず、世界の穀物生産、消費の動向と米国の位置付けを見てみます。なお、穀物とは小麦、大麦、とうもろこし、米などのイネ科の農作物ですが、ここでは
  • No.2
    国交省が四半世紀ぶりに「不動産業ビジョン」策定 国土交通省は2019年4月、約四半世紀ぶりに「不動産業ビジョン」を策定しました。不動産業に関わる全ての関係者が、業界の持続的な発展に向けて取り組む
  • No.3
    贈与者と受贈者の範囲が拡大 特例事業承継税制では、贈与者と受贈者の範囲が拡大しました。例えば、先代経営者から一括贈与された場合の後継者は、特例認定贈与承継会社の先代経営者以外から

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Biz メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ